アルギニンを摂取すると、成長ホルモンの分泌促進効果があり、成長期の子供の身長を伸ばす効果があると話題です。

実際にアルギニンサプリメントでも、同様に成長ホルモンの分泌促進効果があるのか、本当の効果を徹底検証。

中学生や高校生の成長期の最後のタイミングで、アルギニンサプリメントが身長の与える影響と、実際の効果を紹介します。

アルギニンは子供の成長に必要な栄養素で必須アミノ酸!

子供の身長を伸ばしたいと考えている場合、アルギニンについてしっかり理解しておいた方が良いと思います。

もしあなたがアルギニンの本当の効果を知らなければ、どのように摂取すべきか、どのように成長に必要な成分なのかを理解できずに、間違った判断をしてしまうことも。

そういったリスクを避けるためにも、成長期にしっかり子供の身長を伸ばすためにも、これから説明することをしっかり理解してください。

そもそもアルギニンとは、タンパク質を構成するアミノ酸の一種で、少しだけ変わった特徴のある栄養素。

実はアルギニンは大人にとっては非必須アミノ酸で、子供にとっては必須アミノ酸というアミノ酸の中でも、唯一世代によって必要度が異なる性質があります。

大人になると十分に分泌できるようになるアルギニンですが、子供の場合は体内で十分に合成されずに、必要量が不足することに。

だから食事で摂取すべき栄養素だという意味があり、必須アミノ酸扱いになっています。

そんなアルギニンは、実は成長ホルモンの分泌に大きく関わっており、体内のアルギニン量が不足すると、成長ホルモンの分泌にも悪影響を与えることに。

成長期の子供にとって、成長ホルモンの分泌量の減少は身長の伸びを悪化させる原因になりますので、それは避けたいところ。

だから普段の食事でしっかりアルギニンを摂取して、体内で不足しないようにすることが大切ですが、アルギニンはなかなか摂取できない栄養素なんです。

アルギニンを多く含む食品や食材は子供の苦手なものばかり

成長期の子供はアルギニンを食事で摂取すべきという話をしましたが、実はアルギニンはかなり摂取しにくい栄養素。

実際に100gあたりのアルギニン含有量が最も多い食品は、豚ゼラチン(豚足)なので、成長期の小学校高学年や中学生はあまり好んで食べないもの。

そして豚足を頑張って100g食べても、摂取できるアルギニンは7900mgしかありません。

WHOの考えるアルギニンの摂取推奨量は、1日6000〜7000mgなので、なんとかカバーできるレベル。

豚足以外では、湯葉や高野豆腐にも4000mg以上は含有されていることがわかっていますが、これも子供があまり好きな食品ではありません。

アルギニンはアミノ酸なので、タンパク質を豊富に含む肉類にも含まれていますが、一般的な肉類では、100gあたり1500mg以下がほとんどなので、かなり大量に食べないとダメな話。

もし毎日アルギニンをしっかり摂取するために、400gものお肉を食べ続けていれば、間違いなく肥満体型になってしまうでしょうし、生活習慣病を発症する可能性も。

だから肉類だけで、アルギニンを摂取しようと考えないことが基本です。

肉類以外にも、魚介類や大豆製品でもアルギニンは摂取することができますので、様々な食品や食材を組み合わせて摂取することが大切。

タンパク質が豊富な食品や食材を食べることは、骨の原料になるコラーゲンを体内で合成しやすい状況にもなりますので、非常におすすめなこと。

でもアルギニンをサプリメントで摂取することで、より簡単かつ効率的に摂取できるのではないか?という疑問もあると思いますので、その点について次の項目で説明します。

アルギニンサプリメントは成長ホルモンの分泌促進効果があるのか?

食事で摂取しいにくいアルギニンも、サプリメントで摂取することで、効率的に摂取することができるようになります。

だからアルギニンサプリメントを、成長期の子供に積極的に摂取させるようにすればよいのかといえば、それは全く別の話。

実はアルギニンには、強アルカリ性の性質があり過剰摂取が続くと、胃痛や胸焼けなどの副作用の症状が出たり、健康被害が出る可能性すらある少し危険な成分。

だから身長サプリメントでもアルギニンを高配合しているドクターセノビルなどでは、クエン酸を配合することで、強アルカリ性の性質を中和しているほどなんです。

しかもアルギニンサプリメントは、健康な大人が3ヶ月飲んでも健康被害がないという臨床試験の結果はありますが、高濃度のアルギニンを子供が飲み続けて安全なのかということはわかっていません。

さすがに子供を対象にしたサプリメントの臨床試験などを行うことはできませんので、継続摂取による悪影響があるのかも含め、実際の効果は不明。

ただ唯一わかっていることは、アルギニンサプリメントでは、成長ホルモンの分泌促進効果はなく、子供の身長を伸ばす効果は得られないということ。

実はアルギニンはサプリメントで摂取しても、成長ホルモンの分泌に全く影響を与えないことが、科学的に証明されています。

さらにサプリメントで成長ホルモンが分泌されても、身長を伸ばす効果がないことも科学的に証明されている事実。

これらのことから、アルギニンサプリメントは子供の身長を伸ばす効果がないということが明確になっているというのが実際の話。

でもなぜアルギニンサプリメントが、成長ホルモンの分泌促進効果があるという話になっているのでしょうか。

低身長の医療現場でアルギニンが成長ホルモンの検査に使用されている

低身長の子供の治療を行う際に、成長ホルモン分泌刺激試験という検査を行い、成長ホルモンの最大分泌量を測定します。

それで成長ホルモンの分泌量の過不足を確認し、実際の治療方針を決定していくのが一般的な治療の流れ。

そこで成長ホルモン分泌刺激試験の試薬に、医療用のアルギニン製剤が使用されており、そのことからアルギニンサプリメントでも、同様の効果があると企業が宣伝したことが原因に。

子供にとっては必須アミノ酸ですし、実際の医療現場でもアルギニンを使用しているということであれば、身長の伸びに悩んでいる親御さんなら興味を持ちますよね?

しかも医療用のアルギニン製剤や成長ホルモン製剤に比べ、アルギニンサプリメントは何十分の1の価格で購入できますので、お財布にも優しいんです。

でも成長ホルモン分泌刺激試験のアルギニン製剤と、アルギニンサプリメントはまったくの別物ですし、摂取方法も摂取量も異なるので、実感できる効果が大きく異なることに。

さらに言えば、アルギニンはあくまでも成長ホルモン分泌刺激試験の試薬、実際に治療を行う際には、医療用の成長ホルモン製剤を使用しますので、そもそもの治療効果はありません。

このあたりまで徹底検証すると、本当にアルギニンサプリメントには、成長ホルモンの分泌促進効果がないことがわかりますが、なかなか調べないですよね。

でもこれがアルギニンサプリメントの事実なので、本当にそういった身長サプリメントを選ばないことをおすすめします。

アルギニンサプリメントで身長が伸びないのは、日本小児内分泌学会も認めている事実

低身長の医療現場の医師は、医療用のアルギニン製剤は使用するものの、アルギニンサプリメントの使用に関しては否定的。

実際に日本小児内分泌学会という低身長の治療を行っている医師団体が、2013年に身長を伸ばす効果があると言われている身長サプリメントに対して、公式見解を行なっています。

その際に、成長ホルモンの分泌促進効果のあるアルギニンのような成分を摂取しても、成長ホルモンの分泌促進効果もなく、実際に身長が伸びることがないということも明確に説明。

このことからもアルギニンサプリメントを購入し、子供に飲ませることで成長ホルモンの分泌を期待したり、身長を伸ばす効果を期待するのが間違いだということがわかるでしょう。

本当に残念な話ですが、企業の広告宣伝がうまく印象操作されているので、つい購入してしまう人が多いんです。

実際にドクターセノビルなどは、300万袋もの販売実績があるので、それだけ多くの人が購入し、さらにその実績を元に購入してしまうという悪循環に。

本当に残念な話ですが、アルギニンなどの特定成分に頼るのではなく、実際に摂取できる栄養成分がタンパク質を中心に栄養バランスに優れたものを選ぶことが基本。

そういう選び方をすれば、効果のある身長サプリメントを探すことができますので、どんな商品を選んで購入するのが、最も成長期の身長を伸ばせるのか、しっかり考えてあげてください。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!