中学1年生(13歳)の男子と女子の平均身長と−2SDのデータをまとめて掲載しますので、お子様の成長度合いと比較してみましょう。

もし−2SDよりも身長が低い場合には、医学的低身長と呼ばれる状態ですので、取り返しがつかなくなる前に病院に行きましょう。

お子さんの身長の現状を知ることで、子供の身長を伸ばす方法を実践してあげた方が良いのかを考えることができますので、まずはデータと比較してみましょう。

13才男子(中学1年生)の平均身長と-2SDのデータを月別で掲載!

中学校1年生男子は13〜14歳の1年間で、平均身長が5.8cmほど伸びると言われています。

成長曲線から−2SD低い低身長の子供でも、平均身長は7.2cmは伸びますので、もしそれ以上に身長の伸びが悪い場合には、早急に病院で検査を受けましょう。

13歳 平均身長 -2SD
0ヶ月 156.5cm 140.7cm
1ヶ月 157.0cm 141.4cm
2ヶ月 157.6cm 142.0cm
3ヶ月 158.2cm 142.6cm
4ヶ月 158.8cm 143.2cm
5ヶ月 159.4cm 144.0cm
6ヶ月 160.0cm 144.6cm
7ヶ月 160.5cm 145.3cm
8ヶ月 160.9cm 145.9cm
9ヶ月 161.4cm 146.6cm
10ヶ月 161.8cm 147.2cm
11ヶ月 162.3cm 147.9cm

13才女子(中学1年生)の平均身長と-2SDのデータを月別で掲載!

中学校1年生女子は13〜14歳の1年間で、平均身長が2.2cmほど伸びると言われています。

成長曲線から−2SD低い低身長の子供でも、平均身長は2.8cmは伸びますので、もしそれ以上に身長の伸びが悪い場合には、早急に病院で検査を受けましょう。

13歳 平均身長 -2SD
0ヶ月 153.6m 142.2cm
1ヶ月 153.9cm 142.7cm
2ヶ月 154.1cm 142.9cm
3ヶ月 154.4cm 143.4cm
4ヶ月 154.6cm 143.6cm
5ヶ月 154.9cm 144.1cm
6ヶ月 155.1cm 144.3cm
7ヶ月 155.2cm 144.4cm
8ヶ月 155.4cm 144.6cm
9ヶ月 155.5cm 144.7cm
10ヶ月 155.7cm 144.9cm
11ヶ月 155.8cm 145.0cm

13歳の中学校1年生の身長を伸ばす基本的な考え方は?

中学1年生の13歳という年齢ですが、まさに成長期のど真ん中というイメージがあるのではないでしょうか?

しかし現在の中学1年生の場合、ほとんどの女子は成長期の後半で身長の伸び幅が減少し、男子でも身長の伸びが鈍化している子供も増える傾向が。

そういったこともあり、中学1年生の過ごし方が非常に大切で、このタイミングでどれだけ身長を伸ばすことができるのかが重要で、最終身長が決まると考えた方が良いでしょう。

中学1年生の1年間で身長をしっかり伸ばしたいのであれば、食事での栄養摂取と成長ホルモンの分泌量を意識することが大切。

普段の食事でも良質なタンパク質を中心に、様々な栄養素をバランス良く摂取すること。

成長期や思春期が到来している女の子の場合には、この1年間が非常に大切で、身長の伸びが止まるまでの残された時間が、わずかしかないということを理解すべき。

成長期が終わると、身長を伸ばすことができなくなりますの、その点を本当に意識しましょう。

そんな大事な時期なのに何も考えずに、好きなものばかり食べていると、あっという間に成長期が終わり、身長が止まってしまうことに。

その結果、低身長に悩んでいる中学生や高校生、大学生がいますので、今日からしっかり身長を伸ばしやすい環境に改善していきましょう。

中学1年生の食事や生活習慣が本当に大切だということを理解して、少しでも身長を伸ばしましょう。

13歳の中学1年生は睡眠時間を確保することも非常に大切

中学1年生の段階で、どれだけしっかり睡眠時間を確保するのかということは、最終的な身長の高さに、大きな影響を与えます。

ひとつは、成長期の進行速度を遅くすることで、身長を伸ばす期間を増やすということ。

まだ成長期が始まっていない子供なら、これで成長期の到来を遅くすることができます。

規則正しい生活習慣と睡眠時間の確保は、睡眠ホルモンのメラトニンをしっかり分泌できることに繋がり、メラトニンのもうひとつの作用である性ホルモンの抑制効果を実感。

その結果、性成熟の速度が遅くなり、まだ成長期が始まっていな子供は到来が遅くなり、すでに成長期が始まっている子供は、その進行度合いが遅くなり、身長を伸ばしやすい環境に。

ふたつめは、睡眠時間をしっかり確保することで、成長ホルモンの分泌量を増やす作用がありますので、成長期の身長の伸びを最大化することができます。

これらのことが考えられますので、13歳の子供なら8〜9時間程度の睡眠時間を確保することを意識しましょう。

そして朝はいつも同じ時間に起きて、少し朝陽を浴びるという生活習慣で過ごすことで、メラトニンの生成を促進し、寝付きも良くなる効果が期待できます。

13歳の中学1年生の身長を効率的に伸ばす身長サプリメント

13歳という年齢だと、朝寝坊して朝食を食べなかったり、ダイエットの為に食事制限したりと食事から十分な栄養素を摂取できない子供も多いはず。

食事でしっかり栄養摂取が出来ないと、身長が伸びにくいだけではなく、健康にも悪影響を及ぼしたりすることも。

そうならないためにも、普段の食事をしっかり食べるべきですが、最近は食材に含まれる栄養素が激減していることもあり、成長に必要な栄養素の全てを摂取しきれません。

そんな時には、普段の食事+身長サプリメントという考え方で、食事で摂取しきれない栄養素をサプリメントで補給してあげることも大切。

だから選ぶべき身長サプリメントは、栄養素が豊富でバランス良く摂取できるもの。なおかつ原材料には、天然由来成分を多く使用しているものが基本。

そしてできれば身長を伸ばしたり、身体を成長させる際に最も大切な栄養素であるタンパク質を主体にしたものを選ぶのが良いでしょう。

そのように身長サプリメントを選んであげると、非常に身長の伸びに良い影響を与えてえくれますので、しっかり実際に摂取できる栄養素と原材料をチェックしましょう。

ちなみに私がもし中学1年生の子供に身長サプリメントを選ぶなら、カラダアルファ。

成長期の10代専用の身長サプリメントなので、中学1年生ならまさにベストタイミング。

実際に摂取できる栄養素も53.8%が植物性タンパク質ですし、原材料の4割が天然成分のスピルリナ。

しかもスピルリナには50種類以上の栄養素をバランス良く含有し、その栄養吸収率は95%以上なので、これ以上子供の栄養面をサポートしてくれる身長サプリメントはありません。

多くの身長サプリメントにスピルリナが含まれていますが、実際の含有量を公開しているのはカラダアルファだけ。

しかもここまで高含有で原材料に使用している身長サプリメントはありませんので、間違いなく子供の栄養摂取をサポートしてくれますよ。

中学1年生というタイミングは、男子も女子もまだまだ身長を伸ばせる時期ですので、成長ホルモンとタンパク質の摂取をしっかりと意識した生活習慣を送るようにしましょう。

それが最も効果的に身長を伸ばす方法のひとつで、カラダアルファ+睡眠時間の確保がこの時期の身長の伸びを大きく変える方法ですよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!