一度閉鎖してしまった骨の骨端線を再生したり、復活させたりすることができるのでしょうか。

成長期の終了とともに、骨の骨端線が閉鎖して身長が伸びなくなる理由や仕組みを解説しますので、知識として理解しておきましょう。

骨の骨端線の仕組みを理解することで、成長期にしっかり身長を伸ばすことができる方法を確認することができます。

骨の骨端線とは?子供の身長を伸ばすために必要な部分なの?

子供の骨にだけあると言われている、骨の骨端線という部分を知っていますか。

骨端線とは成長期が終わる前までの子供にしかないもので、成長期の終わりとともに閉鎖してしまう部分。

骨の両端にある骨端線で軟骨細胞が細胞分裂をくり返すことで、骨の再生と破壊が繰り返されて、再生能力がまさった時に骨が伸びて、子供の身長が伸びることに。

だから骨端線の有無が子供の身長を伸ばす際には必要なことで、もし骨端線が閉鎖してしまったら、成長期が終わり、身長が伸びなくなるということなので、そのことを理解しておくことが大切。

骨の骨端線に対して、性ホルモンが分泌されることで、骨年齢を上昇させ、どんどん閉鎖していってしまいます。

そして骨年齢が完全に閉鎖したタイミングで、身長の伸びが止まり、成長期が終わったという状態に。

だからこそ、骨端線が残っている時期にしっかり身長を伸ばすような方法を実践することが大切です。

骨端線を確かめる方法はレントゲン撮影をすること?

骨の骨端線は基本的に成長期までは閉鎖せずに残っているものですが、成長期の後半にはどんどん閉鎖方向に向かい、いずれ閉鎖してしまうことに。

一般的に骨端線が閉鎖する年齢は男子が17〜18歳で、女子が15〜16歳と言われていますが、ここには個人差があります。

骨端線が閉鎖してしまえば、自然に身長を伸ばすことが出来ないわけですから、骨端線の有無を確認することも必要なことかも。

では実際にどのような方法で骨端線の状態を確認できるかと言えば、それがレントゲン撮影。

骨端線は軟骨細胞で形成されている部分なので、レントゲン撮影を行うとそこだけ映らずに、黒く線のように見えることから、骨端線という名称になっています。

だから骨端線の状態を知りたい時には、近くの整形外科などでレントゲン撮影を行えばOK。

そうすることで、骨端線の状態がわかり、まだまだ身長を伸ばすことができるのか、それとももう無理なのかを判断することができます。

本当に簡単な方法で骨端線の状態をチェックすることができるので、身長の伸びが気になる中学生や高校生なら、一度レントゲン撮影を行ってみるのも良いかもしれません。

ちなみに骨端線は成長期の到来の影響を受けますので、早熟な子供の場合には、かなり早い段階で閉鎖してしまうこともありますので、注意しましょう。

骨端線の細胞分裂を刺激する為には、運動による刺激が効果的!

では実際にどのような方法で骨端線の軟骨細胞の細胞分裂を促進できるかと言えば、運動による刺激をしっかり与えること。

運動と言っても、特に激しい運動が必要なわけではなく、様々な動きを取り入れた運動をできるだけ積極的に行うこと。

小さな子供であれば、追いかけっこや鬼ごっこ、公園で普通に遊んでいるだけでも良いでしょう。

実は公園で外遊びを行っているだけでも、骨端線にとっては様々な刺激が入るので、細胞分裂が助長されます。

特に骨端線は縦方向の刺激を受けると、それで細胞分裂が促進されますので、ジャンプするのは効果的。

縄跳びでも良いですし、その場でジャンプすることでも、骨端線にとっては非常に効果的な刺激になりますが、それだけではダメなんです。

実は骨端線は同じような刺激ばかり続くと、それを刺激として感じにくくなってしまう特徴がありますので、複数の動きを組み合わせることが大切。

ジャンプしたり、ダッシュしたり、急に止まったりするなど、様々な動きを組み合わせることで、骨端線にとっては非常に良い刺激を受け続けることができます。

だから縄跳びだけをするよりも、普通に外遊びをした方が効率的に身長を伸ばすことができるというわけ。

このことを理解せずに、縄跳びだけを何度も繰り返していると、身長を効率的に伸ばすことができませんので、注意しましょう。

成長期に身長が伸びるのは、骨端線+成長ホルモンの影響

成長期になると、男子も女子も急激に身長が伸びて、成長痛に悩まされて大変だという人も出てきますが、これは成長ホルモンの影響です。

特に成長期の前半部分では、骨端線+成長ホルモン+性ホルモンという組み合わせで、骨端線の軟骨細胞の細胞分裂が活性化。

その結果、1年間で10センチも身長が伸びる人がいるなど、本当に急激に身長が伸びていきます。

成長期だけでも30センチ近く身長が伸びる人もいますので、成長期をどう過ごすのかは非常に大切なこと。

特に成長ホルモンの分泌量を増やすことを意識した生活習慣で過ごしていると、成長期の身長の伸びを最大化することができます。

成長期に成長ホルモンの分泌量を増やす方法は非常に簡単で、睡眠時間を確保すること。

小学校高学年なら9時間前後、中学生でも8〜9時間ほど毎日しっかり熟睡することができれば、自然に成長ホルモンの分泌量は増えます。

しかし最近の子供は、幼少期から慢性的な睡眠不足の状態で過ごしている人が多く、8時間以上も寝ていない小学生も沢山いますよね。

そうやって睡眠不足の状態が続くと、性ホルモンの分泌量が増え、早熟化が進み、成長期の到来と終わりがあっという間に来てしまい、身長が伸びきらないうちにとまってしまう。

そして将来的にも低身長で悩んでしまうということが多いようなので、しっかり睡眠時間を確保することを意識してください。

骨端線で骨を伸ばすためにも、タンパク質の摂取が必要。

骨の骨端線での細胞分裂を活性化させたら、骨を伸ばすための栄養成分をしっかり摂取しておくことも大切。

骨の骨端線で骨を伸ばす際に必要になる栄養素はコラーゲンですが、コラーゲンをそのまま摂取しても、実はアミノ酸に分解されますし、その吸収率が低いこともわかっています。

だからコラーゲンをそのまま摂取するよりも、コラーゲンを合成するために必要なアミノ酸を摂取することが基本。

アミノ酸はタンパク質を構成している栄養素なので、良質なタンパク質をしっかり摂取することが、体内のコラーゲン量を増やすことに。

肉類や魚介類、乳製品などの動物性タンパク質と、大豆製品やナッツ類などの植物性タンパク質をバランスよく摂取すると、アミノ酸のバランスも良くなりますので、非常におすすめ。

タンパク質を摂取することは、成長ホルモンの合成に必要なアルギニンも摂取できるということですので、意識的に食卓に並べるようにしましょう。

ちなみに骨の成長必要な栄養素は、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKの6種類ですので、これらをバランスよく摂取するのが効果的。

閉鎖した骨端線を再生したり、復活させたりすることができるのか?

成長期までにしっかり身長を伸ばすことが大切なのは、骨端線の閉鎖と再生・復活が一方通行だから。

わかりやすく言えば、閉鎖した骨端線を再生したり、復活させたりすることはできません。

骨端線が閉鎖するのは、骨が完全に骨化することなので、それを軟骨細胞に戻すことも出来ませんし、新たに骨端線を作り出すことも不可能。

これは現在の医学水準が問題なのではなく、生物の進化の仕組みや成長のことなので、将来的にも骨端線を再生したり、復活させることはできないと考えられています。

だからこそ、成長期までにしっかり身長を伸ばすことが大切で、成長期が終わってしまえば、もう二度と身長を伸ばすことができないということをしっかり理解すべき。

そのことを理解していれば、生活習慣を少しでも慎重が伸びやすい状態に改善するでしょうし、成長期に必要な栄養素をしっかり摂取するでしょう。

でも多くの人が、身長の伸びが鈍化したり、止まったと感じるような状態になってはじめて行動を起こします。

先ほどもお伝えしたように、身長が急激に伸びるのは成長期でも特に前半部分のこと。

そのタイミングで、少しでも身長を伸ばす方法を実践しておくことが、低身長で悩まない状態にしてくれます。

本当に大切なことですので、骨端線と身長の関係を意識した生活習慣で過ごすようにしましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!