高校生の時期にしっかり身長を伸ばすために実践すべき方法や、覚えておくべき基本的なポイントを紹介します。

高校生の3年間で身長を伸ばしたいのなら、骨端線の状態がどうなっているのかは、本当に大切なこと。

身長を伸ばすために生活習慣で意識すべきことや、実際に実践すべきことをまとめて紹介しますので、できることから取り入れていきましょう。

高校生で身長を伸ばしたいのなら、骨端線の状態が本当に大切。

身長を伸ばしたい高校生がまず最初に理解しておかなければならないことは、骨端線の状態がどうなっているのかということ。

骨端線とは、骨の両端部分にある軟骨細胞のことで、骨端線の状態によって骨が伸びるのか?それとも骨を伸ばすことが出来ないのかが決定します。

この骨の骨端線とは、子供の骨にしかない部分で、成長とともにその幅がどんどん狭くなり、最終的に閉鎖してしまい、骨を伸ばすことが出来なくなります。

だから骨端線=骨の伸びしろだと理解して、少しでも骨端線の状態が良い時に、身長を伸ばすような方法を実践することが基本。

しかし高校生になると、骨端線が閉鎖している子供も多く、特に女子の場合には一般的に15〜16歳前後で閉鎖すると言われていますので、注意することが基本。

男子でも17〜18歳が骨端線が閉鎖する年齢なので、そのタイミングを過ぎてしまえば、二度と身長を伸ばすことができなくなります。

骨端線の閉鎖=成長期の終わりだと理解して、高校生で身長を伸ばしたいなら、少しでも早い時期に身長が伸びる方法を実践するようにしましょう。

ちなみに骨端線の状態は、レントゲン撮影をすれば簡単にわかりますので、状況を知りたい場合には、整骨院などでレントゲン写真をとってみると良いでしょう。

そうすることで、身長を伸ばすことができるのか?それとももう伸ばすことが出来ないのかが明確になります。

骨端線が閉鎖した高校生が唯一身長を伸ばす方法がイリザロフやISKD手術

少し怖い話をしてしまうかもしれませんが、骨端線が閉鎖するということを理解するためにも、骨端線が閉鎖した後に身長を伸ばす唯一の方法を紹介します。

それがイリザロフ手術やISKD手術という方法。

これらの手術では、実際に骨を切断して、それがくっつく力を使用して、毎日1mmずつとか骨を伸ばしていきます。

イリザロフ手術もISKD手術も、最大で10センチほども身長を伸ばすことができる画期的な方法ですが、これにはいくつものデメリットが。

まずは酷い激痛、これは毎日骨折をくり返すようなものなので、痛み止めも途中で効かなくなり、激痛で寝れないことも。

女性に比べて痛みに弱い男性の場合、激痛に耐えられずに1cm伸ばしたところで治療を止めてしまうような人もいるんです。

さらに感染症が起こる確率が高かったり、運動能力が80%ほどまでしか回復しないということも。

当然ですが自由診療なので、すべての費用が自己負担になり、その費用は1000万円超えになりますし、社会復帰まで1年以上の期間が必要なことも。

どんな人でも確実に身長を伸ばすことができる方法ですが、それ以上にデメリットや制限が多いので、日本人にはあまりおすすめできないことだと理解してください。

でも実際に骨端線が閉鎖してしまえば、イリザロフ手術かISKD手術しか、身長を伸ばす方法はありませんので、まだ骨端線が閉鎖していないのなら、少しでも伸びる方法を実践すべきだということ。

高校生の3年間で平均身長がどう伸びるのかを知ろう!

骨端線の状態で身長の伸び方が変わるように、高校生の3年間ではあなたが思っているほど、平均身長が伸びていないのかもしれません。

あくまでも平均身長ですので、多少の個人差はありますし、生活習慣などを身長が伸びやすいものに変更することで、実際の伸び幅は変わるかも。

まずは現実を知るという意味でも、平成27年の学校保健調査のデータから、平均身長の伸びを紹介します。

平成27年度 男子高校生の平均身長と年間の伸び幅は?

  • 15歳男子(高校1年生):168.3cm(1.5cm)
  • 16歳男子(高校2年生):169.8cm(0.9cm)
  • 17歳男子(高校3年生):170.7cm

平成27年度 女子高校生の平均身長と年間の伸び幅は?

  • 15歳女子(高校1年生) :157.1cm(0.5cm)
  • 16歳女子(高校2年生) :157.6cm(0.3cm)
  • 17歳女子(高校3年生) :157.9cm

少し衝撃的な数値だったかもしれませんが、これが平成27年の最新版のデータですので、どこまで高校生の3年間で身長を伸ばすのが大変なのかということがわかったと思います。

だからこそ、より効率的に身長を伸ばす方法やポイントを押さえた方法を実践して、高校生の3年間での身長の伸びを最大化することが大切。

女子高校生に比べると、男子高校生の場合は晩成型の子供もおり、高校入学時と卒業時で身長の高さが全く違う人もいますので、諦めないようにしましょう。

高校生で身長を伸ばすなら、生活習慣の見直しが必要かも。

高校生の3年間で身長を伸ばしたいと考えているあなたの身長やお子様の身長の高さが、平均身長よりも低いのなら、生活習慣全般を見直す必要があるかも。

そもそも現時点で平均以下の身長の高さということであれば、身長が伸びにくい生活習慣で過ごしてきた可能性が高く、その状態が続くのであれば、身長を伸ばすことは難しいでしょう。

身長に対する遺伝の影響は25%以下なので、残りの75%以上は後天的要素で決定します。

75%もの身長の高さを決定する要素が、あまりうまく機能していなかったから、身長を効率的に伸ばすことができずに、現在の身長が伸び悩んでいたり、止まったりしているということ。

そのことを理解して、この記事のなかで紹介することで、できることをどんどん実践していくようにすると、身長の伸びが改善されたり、止まった身長が伸び始めることも考えられます。

高校生になっても、身長を伸ばすことができている人はいますので、諦めないことも大切だという事を理解してください。

高校生で身長を伸ばすなら、睡眠の質を高めることを意識しよう。

骨端線が閉鎖していない高校生であれば、成長ホルモンの分泌量を増やすことが、身長を伸ばす方法です。

その為に最も重要なことは、成長ホルモンを一番大量に分泌する睡眠を見直すこと。

睡眠中に分泌される成長ホルモンのほとんどは、最初の2回のノンレム睡眠の最も深いタイミングで分泌されることがわかっていますので、最初の3時間をどう過ごすのかが大切。

そのために必要なことは、睡眠の質の向上です。

睡眠の質が悪いと、この最も重要なタイミングで分泌される成長ホルモンの量も少なく、その質も悪いものになるので、身長をうまく伸ばすことができません。

睡眠の質を高めるためには、寝る前の行動が非常に大切で、特にこれから紹介することに注意して過ごすことが基本。

  • 寝る数時間前から明るい光を見ないようにする
  • 寝る前はスマホやタブレットなどのブルーライトは避ける
  • 40度以下のぬるま湯で湯船にしっかり浸かるようにする
  • 音楽を聞いたり、読書をしてリラックスする
  • ストレッチを行って、体をリラックス状態にする
  • 寝る3時間前以降は何も食べない
  • 副交感神経を優位な状態にして、リラックスする

入眠前に、これらのことを意識した生活習慣に改善することで、睡眠の質を向上させることができ、成長ホルモンの分泌にも良い影響を与えることができます。

本当に基本的なことかもしれませんが、実際にこれが出来ていない人も多いので、まずは意識することから始めましょう。

高校生で身長を伸ばすためにも、睡眠時間の確保は大切なこと。

睡眠の質の向上に合わせて、睡眠時間の確保が高校生の時期でも非常に大切です。

高校生は大学受験や塾、部活やバイトなど、様々なことが原因で慢性的な睡眠不足の状態が続くことも。

睡眠不足になると、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌量にも悪影響を及ぼし、メラトニンの分泌量が抑制されることに。

メラトニンには睡眠ホルモンとしての作用に合わせて、性ホルモンの分泌量を抑制する作用がありますので、成長期の進行速度を遅くできる可能性があります。

この点をしっかり理解していれば、わざわざ慢性的な睡眠不足の状態に陥ることもないと思いますが、実際には睡眠不足の子供がほとんど。

高校生は成長期の後半ですので、身長が伸びる時期はあまり残されていませんが、その残された僅かな時間を少しでも長くできるようにすることは大切。

慢性的な睡眠不足が続くと、集中力が低下したり、脳の発育にも悪影響が出ますので、高校生でも7.5〜8時間は確保したいところ。

高校生という忙しい時期には難しいことかもしれませんが、半年限定や夏休み限定など、少し期間を決めて実践してみるのも良いかもしれませんね。

最近の日本人は全体的に睡眠不足の状態で、睡眠負債という言葉が話題になるほどですので、少しでもその状態を改善するようにしましょう。

高校生で効率的に身長を伸ばすにも食事での栄養摂取が基本

高校生の時期に身長を伸ばしたいのなら、普段の食事で成長に必要な栄養成分をしっかり摂取し続けることが基本。

身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌量を増やすか、成長に必要な栄養成分をしっかり補給するか、その両方を同時進行的に進めていくのかが非常に大切。

実際に成長に必要な栄養成分が不足していることで、身長がうまく伸びなかったり、伸びが悪化して止まっている子供もいるんです。

最近の子供の食習慣を考えてみると、朝ごはんを食べなかったり、成長期にダイエットをしたりと、栄養不足の原因が多数あることがわかると思います。

そういった生活習慣を小学校時代から過ごしていれば、本人にとっては普通のことかもしれませんが、栄養不足で身長が伸びない状況になっていてもおかしくないと思いませんか。

それが普通になってしまっているのも問題ですし、手軽に美味しいご飯が食べられる加工食品も大きな問題。

インスタント食品やレトルト食品、冷凍食品や様々な加工食品など、手間を掛けずに食べられる食品が増えており、普段の食事でも活用している人も多いでしょう。

確かに美味しいかもしれませんが、これらの食品は調理の過程で成長に必要な栄養成分が消失し、脂肪分やカロリーだけが豊富に残っている状態に変化しています。

さらに加工の過程で、リン酸塩を大量に含有することになり、リン酸塩の過剰摂取は体内に吸収したカルシウムの排出を促進してしまうので、子供の成長にとっては逆効果。

そういった食生活を繰り返していれば、必然的に身長が伸びにくい状態になっていることが夜クワ科ると思います。

本当に普段の食事で何を食べるのかは重要な事ですので、高校生のタイミングで身長を伸ばしたいのなら、しっかり意識してくださいね。

身長を伸ばすために必要なタンパク質の摂取量を意識しよう!

高校生で身長を伸ばしたいのなら、食事の質を意識することも大切ですが、成長に直結する栄養成分をしっかり摂取することも非常に大切。

身長を伸ばすことは骨を伸ばすことなので、骨の成長に役立つ栄養成分をしっかり摂取することが大切で、その為にも普段の食事でのタンパク質摂取量を意識しましょう。

タンパク質は子供の身長を伸ばしたり、身体を成長させる際に必ず必要になる栄養成分。

実はタンパク質を構成するアミノ酸が不足すると、身長を伸ばせなくなるだけではなく、臓器や筋肉を成長できなかったり、ホルモンを合成できない状態になることも。

そういった状態が続けば、高校生という残された僅かな時間を無駄に消費してしまうことになりますので、できるだけ避けたいところですよね。

だからこそ、しっかりとタンパク質を摂取しましょう。

タンパク質を構成するアミノ酸を原料にして、体内で合成されたコラーゲンが骨の骨端線で骨を伸ばす際の材料に使われます。

しかもコラーゲンは骨の骨格部分を形成しますので、コラーゲンがないと骨を伸ばすことができません。

多くの人が牛乳を飲んだりして大量のカルシウムを摂取すれば、身長が伸びると誤解していますが、カルシウムはコラーゲンの後に必要になる成分ですので、コラーゲンがなければ意味なし。

カルシウムの実際の作用は骨の石灰化ですので、丈夫で健康な骨を作るためには、カルシウムの摂取は重要ですが、骨や身長を伸ばす効果は期待できませんので、そこはしっかり理解しましょう。

タンパク質にも動物性タンパク質と植物性タンパク質がありますが、両方を組み合わせて摂取することで、摂取カロリーや脂肪分を抑制し、アミノ酸のバランスを整えることも大切。

肉類ばかり食べていると、脂肪細胞が増えて成長期の進行速度を早めてしまうことに繋がりますので、その点はしっかりと注意しましょう。

高校生が食事で不足する栄養成分は、身長サプリメントも活用する

高校生という時期を考えると、少しでも効率的に身長を伸ばす必要があるので、普段の食事で摂取しきれない栄養成分は、身長サプリメントを活用することも必要かも。

身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる身長の伸びを効率的にしてくれる商品が増えていますが、実際にどの商品を選ぶのかで摂取できる栄養成分に大きな違いがあります。

高校生のタイミングなら、間違いなく実際に摂取できる栄養成分をしっかりチェックした商品選びが基本。

先ほども紹介したように、高校生の栄養不足を解消して身長を伸ばすには、タンパク質をしっかり摂取することが大切です。

だから選ぶべき身長サプリメントも、タンパク質を中心に様々な栄養成分をバランスよく摂取できるもの。

その視点で実際に販売されている身長サプリメントを比較して、どの商品が最も子供の成長に役立つのかを考えてあげましょう。

それと身長サプリメント選びは、原材料にどのような成分が使われているのかも重要です。

最近の身長サプリメントには、よりよく見えるように合成成分を主体にしているものが多いですが、合成成分は体内への吸収率も低く、実際にどこまで作用するのかもわかっていません。

そういったこともありますので、選ぶべき身長サプリメントは主成分が天然由来成分のものであることも大切です。

高校生が選ぶべき身長サプリメントは、タンパク質を中心に栄養バランスに優れ、原材料には天然由来成分を多く使用しているものということ。

身長を伸ばしたい高校生におすすめの身長サプリメントはカラダアルファ

では実際にどの身長サプリメントがおすすめなのかといえば、成長期の10代専用の身長サプリメントであるカラダアルファです。

カラダアルファの主成分はスピルリナで、実は原材料の4割もスピルリナを含有している非常に珍しい身長サプリメント。

カラダアルファ以外にも多くの身長サプリメントにスピルリナが含有されていますが、実際に摂取できる栄養成分から判断すると、その含有量が少ないことがわかります。

実際に摂取できる栄養成分を調べてみると、カラダアルファは53.8%が植物性タンパク質。

植物性タンパク質が豊富なのはスピルリナのおかげで、スピルリナにはタンパク質以外にも50種類以上の栄養成分がバランス良く含有されており、さらに栄養吸収率は95%以上。

身長をしっかり伸ばすためにも、良質なタンパク質をしっかり摂取する必要がある高校生だからこそ、カラダアルファのような身長サプリメントがおすすめです。

ただ最初に説明したように、カラダアルファを飲んでも骨端線が残っていなければ、高校生の身長が伸びることはありません。

さらにカラダアルファは医薬品ではなくサプリメントなので、即効性はありませんので、3〜6ヶ月ほど飲み続けることが必要です。

そういった基本的な部分を理解していれば、高校生に飲ませるべき身長サプリメントは間違いなくカラダアルファだけでしょう。

一般的には高校生の時期に身長を伸ばすことができなければ、もう二度と身長は伸びませんので、そのことを理解してより効率的な方法を実践してあげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!