女子中学生が成長期にしっかり身長を伸ばす方法を知って、中学生の3年間で効率的に身長を伸ばしませんか。

平均的に女子中学生が年間でどのくらい成長できるのか、その傾向を知ることで実際にどうすれば良いのかがわかるかも。

小学生で伸びた身長も女性の場合には、中学生になると思春期の後半ということもあり、実はかなり伸びにくいことを理解して、しっかり行動していきましょう。

女子中学生が3年間で伸びる身長の最新版のデータを紹介します。

中学生の3年間で女子が身長をしっかり身長を伸ばしたいと考えているのなら、まずは現状を知ることが大切。

実際の女子中学生の身長の推移を平成27年の学校保健統計調査のデータから紹介すると・・・

  • 12歳女子(中学校1年生) :151.8cm(3.1cm)
  • 13歳女子(中学校2年生):154.9cm(1.6cm)
  • 14歳女子(中学校3年生) :156.5cm(0.6cm)
  • 15歳女子(高校1年生) :157.1cm(0.5cm)
  • 16歳女子(高校2年生) :157.6cm(0.3cm)
  • 17歳女子(高校3年生):157.9cm

女子高校生のデータまでまとめて紹介しましたが、中学生以降の女性の身長の伸びは5年間で6.1cm、女子中学生の3年間では5.3cmです。

この5〜6cmという身長の伸びは、あなたが考えているよりも多かったでしょうか、それとも少なかったでしょうか?

私の個人的な感想としては、やはり女子中学生では身長が伸びにくいというもの。

だからこそ、中学生の3年間で身長をしっかり伸ばしたいのなら、少しでも身長の伸びを効率化させる方法を実践することが必要です。

女子中学生の身長の伸びは骨端線の閉鎖という時間との戦い

女子中学生と男子中学生の身長の伸びの違いは、成長期や思春期の到来時期の違いによる、身長を伸ばすことができる残された時間の違い。

身体の中にある身長を伸ばす仕組みである、骨の骨端線がどこまでしっかり残っているのかで、身長を伸ばすことができる期間が大きく異なります。

平均的な骨端線の閉鎖時期は、女子は15〜16歳と言われていますので、中学生でも3年生になる頃には、ほとんど身長が伸びない状態に。

先ほど紹介した最新版の平均身長のデータをみても、その傾向が強く出ていることが確認できると思います。

だからこそ、女子中学生の時期に身長を伸ばしたいと考えるのなら、3年生よりも2年生、2年生よりも1年生のタイミングで、少しでも身長の伸びに良いことを実践すべき。

これは本当に基本的な部分ですので、その点をまず最初に理解することが大切です。

骨端線が閉鎖してしまうと、骨が完全に骨化して大人の骨と同じ状態になり、骨が成長することもできずに、身長の伸びが止まってしまいますので、それまでにどうにかすることが大切。

骨の骨端線が閉鎖することは、成長期や思春期の終わりを意味していますので、それ以降は自然に身長が伸びることはありません。

だからこそ、女子中学生で身長を伸ばすのは、時間との戦いだということをしっかり理解して、少しでも身長を伸ばすことができる方法を実践すべきです。

女子中学生の身長の伸びは、成長ホルモンの分泌量が影響する

女子中学生のタイミングで身長を伸ばすには、骨端線が閉鎖していないことに合わせて、成長ホルモンがしっかり分泌されることが大切。

成長期や思春期のタイミングなので、成長ホルモンと女性ホルモン(エストロゲン)が分泌されていますが、特に成長ホルモンの分泌量を意識しましょう。

骨端線の軟骨細胞部分で骨を伸ばすには、成長ホルモンの分泌量が非常に大切で、成長ホルモンの分泌をきっかけに肝臓で作られるソマトメジンCが、骨端線の細胞分裂を活性化させます。

その結果、骨が伸びて身長が伸びることになりますので、どれだけ大量に成長ホルモンを分泌できるのかが非常に大切。

この部分を意識した生活習慣で過ごすか、それとも何も考えずに生活するのかで、中学生の3年間での身長の伸びは大きく変わります。

骨端線の状態を考えると、やはり中学1年生の生活習慣が非常に大切で、その時期にどれだけ大量の成長ホルモンを分泌できるのかが重要。

成長ホルモンの分泌量を増やすには、睡眠の質を高めることが非常に大切です。

特に睡眠直後の3時間にどれだけ質の高い睡眠状態になれるのかということで、分泌される成長ホルモンの量が大きく変わりますので、しっかり意識しましょう。

人間は1回90分の睡眠サイクルをひと晩に何度も繰り返しますが、特に最初の2回の睡眠サイクルで分泌される成長ホルモンが、ひと晩に分泌されるほとんどですので、そこを意識しましょう。

睡眠サイクルの中でも、ノンレム睡眠の最も深い状態の時に成長ホルモンが分泌されますので、深い睡眠状態になるためにも、熟睡することが大切です。

睡眠の質を高めるためにも、寝る前にはリラックス状態で過ごすことが大切で、副交感神経が優位になるような状態を目指しましょう。

逆に交感神経が優位になるような興奮状態や高ストレス状態で寝ると、眠りが浅くなり成長ホルモンの分泌量が抑制されますので、注意してください。

また睡眠時に比べると、かなり微量ですが運動時にも成長ホルモンが分泌されることがわかっていますので、身体を動かすことも重要。

運動をすると、運動開始後15分後から運動終了後3時間程度まで、成長ホルモンの分泌が続きますので、分泌の機会を増やすようにしましょう。

その為にも、定期的な運動習慣を心がけることが必要ですので、激しい運動ではなくとも良いので、体育の授業以外にも身体を動かすようにしてください。

女子中学生で身長を伸ばすなら、タンパク質を積極的に摂取しよう!

成長ホルモンの分泌量にあわせて、骨端線の軟骨細胞部分で骨を伸ばすために必要なのは、骨の原料になる栄養成分。

軟骨細胞で骨の骨格部分を形成するのはコラーゲンですが、コラーゲンは吸収率も低く、体内で合成した方が良い成分。

コラーゲンを体内で合成するためには、アミノ酸とビタミンCが必要で、特に豊富なアミノ酸を普段の食事でしっかり摂取しておくことが大切。

アミノ酸を摂取するには、アミノ酸の集合体であるタンパク質を摂取することが基本で、少しでも良質なタンパク質を日々の食事から摂取しましょう。

タンパク質には、肉類や魚介類、乳製品や卵などの動物性タンパク質と大豆製品やナッツ類、野菜類の植物性タンパク質がありますので、これらを組み合わせて摂取することが大切。

様々なタンパク質を組み合わせて摂取することで、アミノ酸のバランスが優れたり、相互作用が期待できます。

さらに女子中学生には、動物性タンパク質よりも植物性タンパク質を多めに摂取することは、ダイエットにも繋がりますので、太りやすい人は大豆製品を食べる量を増やしましょう。

タンパク質を中心にして、様々な食材を食べることで栄養バランスを高め、骨を伸ばしたり、成長に役立てることも可能。

ちなみに骨を伸ばす際に必要な栄養成分は、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKというものですが、タンパク質(コラーゲン)がないと骨は伸びません。

コラーゲンが骨端線の軟骨細胞部分で骨の骨格部分を形成し、そこにカルシウムなどが吸着されることで、健康で丈夫な骨に成長しますので、真っ先に必要なタンパク質の摂取は基本です。

女子中学生の間違ったダイエット方法が身長の伸びを止める

成長期の後半でも大人の身体に急激に変わっていく女子中学生という時期ですが、思春期ということもあり、見た目や体型が気になる子供も多いと思います。

最近は中学生だけではなく、小学生の頃からダイエットに励んでいる子供もいますが、間違ったダイエット方法を実践していると、間違いなく身長が伸びずに後悔する結果に。

女子中学生の間違いダイエットで最も多いのが、食事制限を含んだダイエットを行うこと。

ただでさえ成長に必要な栄養成分のすべてを、普段の食事だけで摂取するのが難しい状態なのに、食事制限をしてしまうと、さらに成長に必要な栄養成分が不足することに。

そうなると中学生の3年間で伸びるはずの身長を伸ばすこともできずに、あっという間に身長が止まってしまう可能性も。

食事制限をすることで、体重は落ちるかもしれませんが女性らしい体つきになることもなく、将来的に後悔するかもしれません。

だからこの時期のダイエットは、食事の質を変えて身体を動かす機会を増やすこと。

まさに大豆製品などの良質なタンパク質を増やして、運動を行って消費カロリーを増やすことで、自然と体重を落としていくのが良いでしょう。

そのようなダイエット方法を実践するのなら、身長を伸ばす意味でもメリットがありますので、食事制限だけに頼った方法は絶対に実践しないでくださいね。

女子中学生の肥満は成長期の終わりを早めてしまう。

食事制限を含んだダイエットを女子中学生が行うことには反対ですが、実は肥満体型やぽっちゃり体型だと、身長を伸ばしにくい事もわかっています。

これは肥満体型やぽっちゃり体型の子供に多い、脂肪細胞が成長期の進行を早めてしまう原因になるから。

実は脂肪細胞は体内で最大の性ホルモンの受容体。

わかりやすくいえば、太っている人ほど性ホルモンの分泌量が増えやすく、それだけ性成熟が進行するということ。

性成熟が進むということは、それだけ成長期の進行も早くて、あっという間に成長期が終わってしまうということです。

実は女性ホルモンのエストロゲンには、骨年齢を上昇させ、骨端線を閉鎖させる作用があることがわかっていますので、その分泌量を抑制することは大切。

だからこそ、太り気味ならばダイエットをすることも身長を伸ばす意味では非常に大切ですが、その方法を間違わないことが大切です。

人間が太る理由は簡単で、摂取カロリーと消費カロリーのアンバランスが続いている状態だから。

摂取カロリーを抑制するよりも、消費カロリーを増やすことでヤセていくことが成長期の女子中学生にとっては非常に大切なことですので、しっかり意識しましょう。

消費カロリーを増やすには、普段から身体を動かしたり、運動を行ったりすることが必要ですが、実は運動習慣があることは、ダイエット効果だけではなく、身長を伸ばす効果も期待できるんです。

そのことを知っていると、残された成長期でも効率的に身長を伸ばすことができる可能性が高まりますよ。

女子中学生の運動習慣が骨端線の細胞分裂に良い影響を与える

身長が伸びるのは骨の骨端線の軟骨細胞部分で起こる細胞分裂が活性化されて、骨が伸びることが必要になりますので、骨端線に対して良い影響を与えることが必要。

女子中学生の成長に成長ホルモンが大切なのも、骨端線の軟骨細胞の細胞分裂を活性化する作用があるからで、似たような効果を実感できるのが、実は普段からの運動習慣。

骨の骨端線にとっては、運動による縦方向の刺激が非常に有効で、細胞分裂を活性化させることがわかっています。

だからジャンプや縄跳びをすると、身長が伸びると話題になったこともありますが、厳密な話をすれば少し間違っている状況。

実は骨の骨端線にとって、同じようなリズムで同様の動きが続くことは、最初は刺激になるものの、時間の経過とともに骨がその刺激に慣れてしまうんです。

だから縄跳びをずっと繰り返していても、身長を効率的に伸ばすこともできずに、あまりメリットがない状態。

まったく運動習慣がないのなら、縄跳びを続けることもメリットがあるかもしれませんが、それよりも様々な動きを取り入れることの方がより効果的です。

実際に骨の刺激になるのが、ジャンプやダッシュ、急に止まるなどの複雑な動き。

バスケットボールやバレーボールなどをイメージすると、なんとなくわかると思いますが、練習や試合で行われる様々な動きが、実は非常に身長を伸ばす効果が高いもの。

そういった効果がある動きを普段から行っていれば、骨の骨端線のとって良い刺激になり、成長ホルモンの分泌量が増えなくとも、身長を伸ばしやすい状態になります。

女子中学生の身長の伸びを最大化するには身長サプリメントも必要かも

女子中学生という身長が伸びる時期が限られている状態では、より効率的に身長を伸ばすことが必要で、その為には身長サプリメントが役立つかもしれません。

身長サプリメントには様々な商品があり、現在市販されている商品で私が知っているだけでも、25〜30種類ほどはあると思います。

そこまで商品数が多いことで、実際にどの商品を選ぶことが最も効果的なのかが非常にわかりにくいですよね。

そこで日本小児内分泌学会という、子供の低身長治療を行っている医師の団体が発表した効果のない身長サプリメントの基準を紹介します。

効果のない商品がわかれば、そこに当てはまらないものを購入すれば良いですよね。

  • カルシウム・鉄分・ビタミンDの栄養機能食品
  • アルギニンなどの成長ホルモン分泌促進効果のある商品
  • 成長ホルモンをそのまま含有している商品

実はこれらの身長サプリメントでは、子供の身長を伸ばしたり、成長に役立つ効果がないということが、科学的にわかっています。

これら種類に分類される身長サプリメントや成長応援飲料には、非常に人気のものも多く、実際に購入したことがある商品だといういう人もいるかも。

でも実際に科学的に効果なしということがわかっているわけですから、この3種類に分類されるものは選ばないことが基本。

では実際にどんな種類の身長サプリメントなら、女子中学生の身長を伸ばす効果が期待できるのか?

それは普段の食事で摂取しきれない栄養成分をバランス良く含有している、栄養バランス型の身長サプリメントだということ。

女子中学生の身長を伸ばすには、カラダアルファがおすすめ!

女子中学生の成長に必要な栄養成分といえば、骨の原材料にもなるタンパク質ですが、実はカラダアルファで摂取できる栄養成分の53.8%が植物性タンパク質。

身長サプリメントや成長応援飲料の中でも、カラダアルファ以上に豊富なタンパク質を摂取できるものはなく、天然成分を主原料にしていることもおすすめのポイント。

カラダアルファという身長サプリメントは、原材料の配合割合まで公開している珍しい商品なので、実際の含有割合が明確に。

カラダアルファの主原料は天然成分のスピルリナで、原材料の4割も配合していることで、タンパク質以外にも50種類以上の栄養成分をバランス良く摂取することができます。

さらにスピルリナの栄養吸収率は95%以上という事もわかっており、残された時間の短い女子中学生の栄養補給にピッタリ。

カラダアルファはタンパク質以外にも、カルシウムやマグネシウム、亜鉛などの骨の成長に役立つ成分を豊富に含有していますので、女子中学生に非常におすすめ。

身長を伸ばすことができる時間があまり残されていない女子中学生ですが、カラダアルファでタンパク質を効率的に摂取することで、身長を伸ばす効率が高められるでしょう。

カラダアルファの愛飲者の中には、女子中学生だけではなく、男子高校生でも最後のひと伸ばしを目指している人もいますので、ぜひ実践してみてくださいね。

ただその際に重要なことは、栄養面のサポート効果が期待できる商品なので、効果を実感するには3〜6ヶ月ほど飲み続けることがあるということ。

医薬品ではなくサプリメントなので、即効性を期待せずにしっかり飲み続けることが大切ですよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!