子供が毎日給食等で牛乳を飲むことで、身長が伸びるのか?それとも伸びないのかが気になっているかもしれません。

そこで牛乳の実際の効果と身長との関係性を紹介しつつ、牛乳に隠れされた嘘をその理由から徹底検証!

本当の効果がわかれば、子供に積極的に牛乳を飲ませるべきなのかを明確にすることが出来ますよ。

牛乳と身長の関係は?牛乳で身長が伸びるは嘘だった!

日本では昔から、子供の頃から毎日牛乳を飲んでいると、身長が伸びると考えられていましたので、幼少期から子供に飲ませている人も多いでしょうし、自分が飲んでいた経験がある人もいるでしょう。

でも実は牛乳を飲むのは、乳製品のなかでも最も身長が伸びにくい方法で、最近では様々な健康問題が起こる可能性も指摘されているような話なんです。

だから最近は、牛乳を無理して飲まなくとも良いという風潮になりつつあります。

なぜ牛乳が身長を伸ばすかと言えば、カルシウムを豊富に含有している点をあげる人が多いかもしれませんね。

でもカルシウムは、骨の強化に役立つ栄養素なので、身長を効率的に伸ばしてくれる効果は期待できません。

カルシウムよりも牛乳に含まれているタンパク質の方が、実は骨の成長に役立つ栄養素なので、タンパク質の摂取源という意味では、牛乳の効果は全くないわけではありません。

牛乳の過剰摂取は肥満の原因になるので、おすすめできない

最近は日本でも子供の肥満外来や生活習慣病などに関する治療のガイドラインが制定されるなど、日本の子供の肥満率も上昇しています。

牛乳には豊富なカルシウムやタンパク質以外にも、脂質が大量に含まれていますので、それが肥満の原因に。

日本では未だに毎日給食で牛乳を飲んでいますが、アメリカでは2006年以降はニューヨークの学校の給食から牛乳が外されています。

これは牛乳を毎日給食で飲むことで、肥満体型になる一因があると考えられているからであり、日本でも将来的に同様になる可能性も。

ちなみに肥満体型の子供は、体内に蓄積した脂肪細胞が性ホルモンの受容体なので、合成や分泌を促進し、早熟化を強めてしまうことで成長期の到来が早くなり、身長を伸ばすことができなくなります。

だからしっかり身長を伸ばしたいのであれば、肥満体型やぽっちゃり体型よりも標準体型で成長することも大切。

牛乳の飲み過ぎは血液が酸性になりカルシウムが溶け出す

牛乳には動物性タンパク質が含まれていますが、この動物性タンパク質の過剰摂取が続くと、血液が酸性の性質に変わってきます。

血液が酸性になることで、体内が酸性に傾くとその中和をするためにアルカリ性の性質のものが必要になることに。

その際に使用されるのが、骨の中に蓄積されているカルシウムで、カルシウムが血液内に溶け出すことで、pHを中性の状態に保とうとします。

元々吸収率が低いカルシウムがどんどん溶け出してしまうと、一体何のために牛乳を飲んでいるのかがわからない状態に。

これは牛乳だけではなく、肉類や魚介類などの動物性タンパク質を過剰摂取することで起こる状態ですので、植物性タンパク質もバランス良く摂取するようにしましょう。

牛乳は乳糖不耐症のきっかけになり、下痢や軟便を引き起こす

牛乳を飲むと、何故かお腹が痛くなったり、下痢や軟便の症状を引き起こしたりすることもあるかもしれません。

それは実は乳糖不耐症という、治療することができない症状

牛乳に含まれている乳糖を分解するためのラクターゼがありますが、ラクターゼの少ない人は乳糖を分解できずに、それが原因で下痢や軟便を引き起こします。

慣れると大丈夫になるというものではなく、生まれ持った体質のようなものなので、乳糖不耐症の人は、無理をして牛乳を飲む必要もありません。

同じ乳製品でも、牛乳よりもヨーグルト、ヨーグルトよりもチーズを食べた方が乳糖不耐症も起こりにくいですし、栄養面の効率を考えてもおすすめ。

乳糖不耐症で下痢を繰り返していると、腸で吸収すべき栄養素や水分などを吸収する前に排出してしまうことになるので、あまり賢い話ではありませんよね。

だから無理して牛乳を飲まずに、ヨーグルトやチーズを活用しましょう。

牛乳だけでは成長に必要なカルシウムを摂取できない。

牛乳を飲むと、カルシウムを大量に摂取できると考えられていますが、カルシウムの吸収率は低く、一般的な牛乳で4割ほどだといわれています。

1杯(200ml)の牛乳には、227mgのカルシウムが含まれていますが、実際に摂取できるのが4割。

しかし子供のカルシウム摂取推奨量は、

  • 1歳~5歳は、500mg
  • 6歳~8歳は、600mg
  • 9歳~11歳は、700mg
  • 12歳~14歳は、男子900mgで女子700mg

このようになっていますので、全く不足してしまうことがわかると思います。

確かにカルシウム源としては評価すべきですが、牛乳だけでカルシウムやタンパク質の全てを摂取しようとするのは、あまり賢くない選択。

カルシウムは牛乳以外にも含まれており、

  • チーズ
  • ヨーグルト
  • 魚介類
  • エンドウ豆
  • ひじき
  • 小松菜
  • ごま
  • 切り干し大根

これらの食材を普段から積極的に摂取することで、成長に必要なカルシウムをしっかり吸収するようにしましょう。

また幼少期のカルシウム摂取量が、将来的な骨粗しょう症のリスクを回避しますので、子供の頃からしっかり摂取することは大切です。

牛乳とチーズの栄養素の違いや特徴は?

牛乳の87%は水分で、タンパク質やカルシウム、ビタミンやミネラル類まで様々な栄養素を豊富に含んでいます。

牛乳200mlで成人男性が必要なタンパク質の13.6%(6.8g)を摂取できますし、カルシウムも34.9%(227mg)も摂取することが可能。

ただ牛乳には、鉄分やビタミンEが不足しており、食物繊維が全く含まれていませんので、整腸作用などは期待できない特徴が。

牛乳を原料にしているチーズは、10分の1程度まで牛乳を煮詰めて作るものなので、同量の牛乳と比較すると10倍ほどの栄養素を含んでいる状態。

水分と一緒に乳糖もほぼ除去されてるので、乳糖不耐症の心配はなく、安心して食べることができます。

ゴーダチーズ50gで成人男性が必要なタンパク質の25.8%(12.9g)を摂取できますし、カルシウムも52.3%(340mg)も摂取可能。

特にプロセスチーズやパルメザンチーズを選ぶと、カルシウム含有量が多い特徴がありますので、カルシウムの摂取にはおすすめ。

ただチーズを作る際に食塩を使いますので、塩分過多には注意が必要で、塩分過多の状態が続くと、カルシウムが骨から溶け出しますので、その点は注意が必要です。

牛乳とチーズを比較すると、栄養源としても非常に効率亭だということがわかりますので、バランス良く摂取するようにしましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!