小学生頃から大食いだと身長が伸びるのでしょうか、それとも身長が伸びないのかを徹底検証。

食習慣が小学生の身長に与える意外な影響や、注目すべき情報をまとめて紹介しますので、お子様の食事量について考えてみてください。

実際にどのようなものを食べるのがよいのかがわかれば、大食いでなくとも身長を効率的に伸ばすことができるかもしれませんよ。

大食いの小学生の方が小食よりも身長が伸びやすい状態なのか

大食いの小学生と小食の小学生を比較した場合、大食いの小学生の方が小食の小学生よりも身長が伸びやすい状態だと考える方が普通でしょう。

やはり人間の身長を伸ばしたり、身体を成長させたりするためには、どれだけ食事でしっかり栄養摂取が出来ているのかということが基本。

そういった意味では、大食いの小学生の方が、間違いなく大量の栄養素を普段の食事で摂取することが出来ていますので、身長が伸びやすかったり成長しやすい状態だと言えます。

しかし大食いの小学生なら、必ずしも高身長になるということではなく、どのようなものを食べているのか、どんな体型なのかも身長を伸ばすうえでは必要なこと。

その点を理解できていないと、身長を伸ばすどころか、逆に身長が伸びにくい状態になってしまいますので、沢山食べれば良いわけではないということは理解しましょう。

大食いでも肥満体型の小学生は身長が伸びにくくなる

大食い=肥満体型やぽっちゃり体型ということではありませんが、まだまだ身長も低く、成長過程の小学生が食事を食べすぎると、幼児体型からぽっちゃり体型→肥満体型になりがち。

肥満体型やぽっちゃり体型になるということは、体内にそれだけ多くの脂肪細胞があるということであり、この脂肪細胞が子供の身長の伸びを悪化させる要因に。

実は脂肪細胞は、性ホルモンの最大の受容体なので、太っていればいるほど、体内で性ホルモンの分泌量が増えます。

性ホルモンが大量に分泌されるということは、それだけ子供の性成熟が早まるということですので、思春期や成長期の到来が早まり、身長を伸ばすことができる期間が短くなる傾向が。

身長が伸びる時間が短くなるほど、最終身長の高さにも大きな影響が出ますので、どれだけ大食いでも標準体型ぐらいにとどめておくことが大切。

もし標準体型よりもぽっちゃり体型になっていたり、肥満体型のまでなってしまった際には、食材を変えたり、味付けを変えたりして摂取カロリーを抑制しましょう。

その上で体を動かす機会を増やせば、健康的に痩せることができ、身長の伸びに悪影響を与えにくいですが、食事制限を含むダイエット方法を選ぶと、栄養不足で身長の伸びが鈍化することも。

そういったリスクがありますので、肥満体型の小学生のダイエット方法は間違った方法を選ばないことを意識してくださいね。

小学生は大食いなことよりも食事の質を考えると身長が伸びやすくなる

毎日3食しっかり食べることは大切ですが、大食いだけが身長を伸ばす方法ではありません。

どんな食品を普段から食べているのか?これも非常に大切なことで、身長を伸ばす際に必要な栄養成分をしっかり摂取する大食いなら大歓迎。

しかし最近の子供はインスタント食品やレトルト食品、冷凍食品ばかりの食事を食べている人も増えていますし、ジャンクフードやファーストフードも子供の好きな食べ物。

これらの食品には、摂取カロリーと脂肪分が大量に含まれているという、非常にデメリットの部分があり、身長を伸ばすよりも太りやすい傾向が。

さらにジャンクフードやファーストフードには、トランス脂肪酸が大量に含有されているので、子供の健康や脳の発達にも悪影響を及ぼすリスクが高まります。

アメリカでは低所得者ほど、肥満傾向が高いことがわかっており、これらの加工食品ばかりを選んで食べ続けることで、本当に残念な結果になってしまいますので、注意しましょう。

トランス脂肪酸を含む食品は、アメリカでは販売できなくなるような規制も進んでいるレベルなので、高温の油で調理するような食事はできるだけ避けるようにしてくださいね。

小学生が身長を伸ばしたいのなら、良質なタンパク質を中心に摂取しよう。

小学生で大食いなのは良いことですが、どのような食材や食品を選んで食べるのかということも非常に大切なこと。

実際に身長を伸ばしたいのなら、成長に必要なアミノ酸を大量に摂取することができる良質なタンパク質をしっかり摂取してください。

タンパク質を構成するアミノ酸が体内の至る所で、材料や原料として使用されて、身体を成長させてくれます。

ただ最近の日本人は全体的にタンパク質摂取量が減少していることがわかっていますので、そこも踏まえてしっかり摂取することが大切。

タンパク質にも肉類や乳製品、乳製品や卵などの動物性タンパク質だけではなく、ナッツ類や大豆製品などの植物性タンパク質もありますので、組み合わせて摂取しましょう。

もし動物性タンパク質ばかりを摂取してしまうと、太りやすいだけではなく、体内が酸性に傾いてしまい、生活習慣病や糖尿病などの全身疾患を引き起こすリスクが高まります。

そういったことがわかっていますので、植物性タンパク質もうまく組み合わせて摂取するようにしてくださいね。

いずれにしても大食いなのは良いことですが、何を食べさせるのか、どんな味つけにするのかはお母さんの仕事なので、幼少期に食べさせるものはしっかり考えてあげましょう。

それが子供の味覚や食習慣を決定しますので、小さなうちはしっかり手をかけた料理を食べさせてあげることが大切です。

そうすることで、成長に良いものをしっかり食べる子供に育ってくれますので、身長を伸ばしたいのなら、意識してあげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!