早熟傾向が強い子供は、最終的に身長が伸びない現実に直面してしまう可能性が高いことを理解していますか?

元々欧米人に比べると早熟傾向が強い日本人ですが、ここ最近は特にそれが顕著になり、身長が伸びにくい状態に。

早熟な子供の場合、最終身長が伸び悩む理由や身長の伸び方にどのような傾向があるのかをまとめて紹介します。

早熟の子供が身長が伸びないのは、成長期の終わりが早いから!

子供はすぐに大人になりたいと思いがちですが、身長の高さに関していうと、早熟傾向が強い子供は基本的に身長が伸びない傾向があります。

これは子供の体内の身長を伸ばす仕組みの問題で、骨の骨端線の閉鎖が早くなるという部分の影響を受けるから。

実は早熟傾向が強い子供は、それだけ性成熟が早いということであり、性成熟の進行は骨の骨端線の閉鎖を早める原因。

性ホルモンは大人の体に変えると同時に、骨の骨年齢を上昇させて、どんどん骨年齢の幅を狭くし、最終的に閉鎖させてしまいます。

骨年齢の閉鎖=成長期の終わりで身長が伸びない状態ですので、できるだけその時期を遅らせる必要がありますが、成長期の長さはある程度決まっている状態。

だから早く成長期に突入してしまう早熟な子供は、あっという間に成長期が終わってしまい、身長を伸ばすことができなくなってしまいます。

そういった身体のメカニズムがありますので、できるだけ大きく成長させるためにも、早熟な子供よりも晩成型に育てたいところ。

女子の初潮年齢の推移からわかる早熟傾向の変化とは?

早熟傾向の子供が増えていると言っても、なんとなくイメージがつきにくい人もいらっしゃると思います。

そこで最もわかりやすい女性の初潮や生理の年齢が、どのように変化しているのかを紹介しますので、実際にどのような傾向があるのかを確認してみましょう。

年代別の初潮年齢と(標準偏差)を紹介すると、

  • 1961年:13歳2.6ヶ月(1歳2.2ヶ月)
  • 1972年:12歳7.6ヶ月(1歳1.6ヶ月)
  • 1982年:12歳6.5ヶ月(1歳1.0ヶ月)
  • 1992年:12歳3.7ヶ月(1歳1.1ヶ月)
  • 2002年:12歳2.0ヶ月(1歳2.9ヶ月)
  • 2011年:12歳2.3ヶ月(1歳2.8ヶ月)

戦後50年で、初潮年齢が1歳0.3ヶ月も早まっている状況がわかると思います。

これを言い換えると初潮年齢が1年遅ければ、その分だけ初潮前に伸びる身長が増え、成長期の終わりも遅くなるということ。

最近の子供が、もし1960年代と同じタイミングで初潮を迎えると仮定すると、5〜6cmは平均身長が高くともおかしくない状態だということです。

これはかなりインパクトがあることですよね?でも実際に早熟傾向が強まっていることで、日本人女性は、1年間分の身長の伸びを失っている状態。

だからこそ、早熟傾向を弱めて少しでも身長が伸びやすい状況にしてあげることが大切。

これは女子のみの話ではなく、男子も同様に早熟傾向が強まっていますので、そのあたりのことを意識して、しっかりと身長が伸びやすい環境にしてあげることが必要だということです。

子供が早熟になる一番の原因は、幼少期からの慢性的な睡眠不足

ここ最近、早熟傾向が強い子供が増えている一番の理由は、やはり幼少期からの慢性的な睡眠不足の状態が原因。

規則正しい睡眠習慣で、毎日しっかり睡眠時間を確保することは、早熟傾向を緩和して成長期の到来を遅くしてくれます。

だからできるだけ、普段からしっかり寝ている必要がありますが、日本人は大人も子供も睡眠不足が続いている状態。

最近は特にその傾向が顕著で、睡眠負債という言葉も生まれるほどで、これは大人だけの話ではなく、子供も同じような状況に置かれています。

特に最近は日本人の核家族化が進んだり、夫婦共働きで大人の生活習慣に合わせて生活している子供が増えていることも影響。

小さな子供でも夜のファミレスやコンビニ、居酒屋なんかをウロウロしていますので、それがどんなに子供の睡眠時間を奪っているのかわかっていますか?

理想的な子供の睡眠時間は諸説ありますが、

  • 3〜5歳:10〜13時間
  • 6〜13歳:9〜11時間
  • 14〜17歳:8〜10時間

このくらいしっかり毎日睡眠時間を確保することが必要だと考えられていますが、実際にここまでしっかり睡眠時間を確保できている人はいないのではないでしょうか。

睡眠時間の確保は、幼少期からの睡眠習慣の影響を受けますので、3歳位までは一日の半分くらいはしっかり寝かせてあげることが基本。

さらに入眠までの一連の流れをしっかり身に着けさせて、1人で寝るような生活習慣を送るように考えてあげることも大切です。

そういった幼少期からの睡眠習慣が、子供の早熟化を予防し、少しでも身長を伸ばすことができる期間を増やしてくれます。

子供の身長のピークは小学校高学年になっているの?

早熟傾向が問題になっていますが、実際に子供の身長が伸びるピークがいつのタイミングなのかということも気になっていると思います。

個人的なイメージでいえば、男子は中学生か高校生、女子は小学校高学年だという認識。

でも実際に平成27年の学校保健統計調査のデータを確認すると、子供の身長が最も伸びている3年間は、男子が小学5年生から中学1年生、女子は小学3年生から小学5年生。

女子に関しては、小学校高学年どころか、小学校中学年の段階で身長の伸びのピークを迎えるほど早熟傾向が強まっている状態です。

これでは子供の身長が伸びる期間が短く、最終的に低身長に悩んでしまうという状態にはまってしまいますよね。

でもこれが最近の子供の成長具合ですので、周りの子供と同じような子育てを行っていると、同様に早熟傾向が強まってしまうということ。

小学3年生や4年生といえば、まだまだ好き嫌いも多く、小食だったり、偏食だったりと、食に関する問題も多い時期ですよね。

そんな時期に身長が伸びるピークを迎えてしまうのであれば、やはり身長を効率的に伸ばすのも難しいでしょう。

これが最近の子供の早熟化が招いている低身長の状況ですので、それをしっかり認識した上で、しっかり改善してあげることが大切です。

ちなみに女子の場合は、初潮や生理が来れば平均身長は6センチほどしか伸びないと言われていますので、その部分を踏まえた対応を行うことも必要かも。

早熟タイプなら、成長ホルモンの分泌量を意識しよう!

早熟タイプの子供の場合、すでに成長期が到来していることも多く、そこから晩成型に変更するのは難しい話。

だからこそ、少しでも骨端線が残っている時期に身長を効率的に伸ばすことが大切です。

その為にも普段の生活で意識すべきことは、少しでも質の良い成長ホルモンを大量に分泌して、身長が伸びやすい状態にすること。

成長ホルモンの分泌量を意識するなら、睡眠の質を向上させることが大切で、特に入眠後の3時間でどれだけ質の良い睡眠ができるのかが大切。

その点を意識してあげることで、成長ホルモンの分泌量は増えやすくなりますし、そうすれば身長が伸びる効率的も改善します。

子供の身長が伸びるのは、骨端線が閉鎖するまでのことなので、その間にどれだけ大量の成長ホルモンを分泌することが本当に大切です。

さらに成長期の進行速度を遅くするという意味では、メラトニンの分泌量を増やすこともポイント。

睡眠ホルモンのメラトニンには、実は性ホルモンの分泌量を抑制する作用もありますので、その結果、成長期の進行を抑制できる可能性も。

メラトニンの分泌量を増やすには、睡眠時間の確保と寝起きに朝陽を浴びて、体内時計をリセットする生活習慣に切り替えることが有効です。

またメラトニンの原料になるセロトニンの分泌量を増やすことも効果的で、ジョギングやウォーキング、階段の昇り降りなどのリズム運動を行うことが効果的。

身体を動かすことで、適度な疲労感を実感すれば、夜の寝付きも良くなり睡眠の質が向上することに繋がりますので、時間のある時には身体を動かすようにしましょう。

そうやって総合的に働きかけていくことで、早熟傾向が強い子供でも身長を伸ばすことができるチャンスが増えますので、できることから実践してみてください。

早熟なら成長に必要な栄養成分をしっかり摂取することも大切。

成長ホルモン+骨端線が子供の身長が伸びる要因ですが、そこにもうひとつ必要になるのが骨を伸ばす栄養成分。

これは実際にどんな栄養成分が骨を伸ばすために必要なのかを考えることで、積極的に摂取すべきものがわかるでしょう。

骨の成長に必要なのは、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKという6種類のもの。

その中でも、最も重要なのがタンパク質です。

実はタンパク質を構成するアミノ酸は、人間の身体の成長には絶対に必要な栄養成分で、アミノ酸を原料に合成するコラーゲンがポイント。

骨の骨端線の軟骨細胞部分で骨の骨格を最初に形成するのが、実はコラーゲンの役目。

だからコラーゲンがない状態でカルシウムをいくら大量に摂取しても、骨を伸ばすことができずに、どんどん丈夫な骨に変化するだけ。

カルシウムは骨の強化に役立つ栄養素で、その作用を高めるのがマグネシウムやビタミンDなどのその他の成分。

だからこそ真っ先にタンパク質を摂取すること、体内のアミノ酸バランスを整えてあげることが、骨を伸ばすことであり、子供の身長を伸ばす効率を高めること。

そういったことはすでにわかっていますので、早熟な子供の場合は、普段の食事でしっかりタンパク質を摂取することが大切ですよ。

早熟+タンパク質の激減が成長期の身長の伸びに悪影響を及ぼす。

タンパク質が身体の成長に必要な栄養成分であるとお伝えしましたが、実はそのタンパク質の摂取量が激減していることが、早熟という身長の伸びが限られた期間にさらに拍車をかけることに。

時間が限られているのなら、どれだけ効率的に身長を伸ばすことができるのか?ということを考えるべきですが、タンパク質不足(栄養不足)で身長が伸び悩んでいる状況なんです。

実際のタンパク質摂取量を書くにしてもらった方が早いと思いますので、1歳以上の日本人のタンパク質平均摂取量の推移を抜粋して紹介すると、

  • 1950年→68.0g
  • 1994年→79.7g
  • 2015年→69.1g

戦後50年で日本人の平均身長が伸びた要因のひとつが、このタンパク質摂取量の増加で、日本人の平均身長のピークは、1990年代後半から2000年に掛けてのタイミング。

そしてタンパク質摂取量の減少に反応するように、日本人の平均身長が伸び悩み、ここ数年では、少し低下しているという状況です。

タンパク質だけを摂取すれば身長が伸びるということではありませんが、タンパク質摂取量の減少は明らかに身長の伸びに影響している状態。

栄養学的にもタンパク質と骨の成長の関係性や、身体の成長に関する関係性は証明されていますので、摂取量が少ないよりも、しっかり摂取させるべきですよね。

子供が早熟タイプなら身長サプリメントを活用することも考えよう。

早熟タイプの子供の場合、本当に身長が伸びる期間が短いということを理解して、少しでも成長に役立つことを行うべき。

そのひとつが身長サプリメントなども活用して、成長に必要な栄養成分をしっかり摂取すること。

成長期までの子供の身長の伸びは、分泌される成長ホルモンの量と、実際に成長に必要な栄養成分を摂取できているのかということが大切。

成長ホルモンは睡眠習慣の改善が重要ですし、栄養面は食習慣の改善が必要です。

しかし食習慣を改善しても、現在の食材や食品には元々含有されているはずの栄養成分が少なくなっていたり、食品の加工工程で消失していたりと、栄養補給も難しい状態。

だからこそ、普段の食事で摂取できない栄養成分を身長サプリメントを活用することで、補ってあげることも大切。

成長に必要な栄養バランスが整えば、後は骨端線と成長ホルモンの作用で、骨が伸びて身長を伸ばすこともできるはずです。

そういった視点で身長サプリメントを活用すると、成長期を通じてしっかりと身長を伸ばすことができるはずですので、非常におすすめ。

しかし身長サプリメントにも様々な商品があり、実際にどんな基準で選ぶのが、最も効果的なのかと悩んでしまいがち。

そこで実際に、早熟傾向が強い子供が選ぶべき身長サプリメントのおすすめ商品を紹介します。

早熟の子供におすすめの身長サプリメントはカラダアルファ!

お子様が早熟タイプなら、より効率的にタンパク質を中心とした栄養成分をバランス良く摂取できる身長サプリメントを選ぶべき。

そこでおすすめしたいのが、成長期の10代専用の身長サプリメントであるカラダアルファ。

カラダアルファは成長期の子供の栄養摂取を徹底的に追求し、原材料や実際に摂取できる栄養成分について、かなり明確な情報を確認できる身長サプリメントです。

原材料の4割も天然成分のスピルリナを含有したことで、タンパク質を中心に50種類以上の栄養成分をバランス良く摂取でき、その栄養吸収率も95%以上と栄養補給にピッタリ。

だから実際にカラダアルファで摂取できる栄養成分の53.8%が植物性タンパク質という状態。

身長サプリメントの中で天然成分を原材料にし、ここまで豊富なタンパク質をしっかり摂取できる商品はカラダアルファ以外にありません。

さらに骨の成長に必要なカルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミン類もしっかり含有されていますので、まさに身長を伸ばすためのベストバランスです。

しかも錠剤タイプなので、思春期の子供が気になるカロリーを抑制しつつ、成長に必要な栄養成分だけをしっかり摂取できる特徴が。

カラダアルファは製薬会社の工場で作られている商品なので、摂取できる栄養成分だけではなく、商品の品質にも十分に配慮され、副作用や危険性の低い身長サプリメントです。

だからこそ、早熟タイプの子供に積極的に活用して、限られた期間の身長の伸びを最大化することが期待できるので、私も安心しておすすめできるというわけ。

身長サプリメントの効果は実際に摂取できる栄養成分に比例しますので、その点をしっかりチェックして購入することをおすすめします。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!