成長期の中学生や高校生が成長ホルモン効率的にを分泌して、身長を伸ばす方法にはどのような物があるのでしょうか。

成長ホルモンと身長の関係、成長期の身長を効率的に伸ばす方法や基本的な考え方など、中高生が知っておくべき情報を紹介。

成長ホルモンの効率的な分泌方法が分かれば、あとは成長に必要な栄養素をしっかり摂取するだけで、身長が伸びやすくなりますよ。

成長期の身長の伸びは、成長ホルモンの分泌量の影響を受ける

男子も女子も成長期になると、急激に身長が伸びるようになりますが、あれは成長ホルモンが分泌され、骨の骨端線の細胞分裂を活性化させるから。

だから女の子は小学校高学年頃、男の子は中学生頃をピークに毎年身長がしっかり伸びるようになります。

そして成長期が終わる頃には、骨の骨端線が閉鎖してしまう影響でどれだけ大量の成長ホルモンが分泌されても、身長を伸ばすことができずに止まってしまうことに。

だから成長期の間にどれだけ大量の成長ホルモンを分泌することができるのか?

これがあなたの成長期の身長の伸びを決定し、最終的な身長の高さに大きな影響を与えるということをしっかり理解しましょう。

成長ホルモンは意識すれば大量に分泌できるというものでもないので、成長ホルモンを分泌しやすい生活習慣や食習慣で過ごすことが大切。

成長ホルモンの分泌量を減らす生活習慣などはわかっていますので、それを避けることでも成長期の分泌量を減らさずに済みますので、できることから実践していきましょう。

睡眠時間の確保と睡眠の質の向上で、成長ホルモンの分泌量が増える

成長ホルモンをしっかり分泌したいと考えるのであれば、やはり睡眠時間を大切に考えることが一番でしょう。

なぜかと言えば、成長ホルモンは睡眠時間に最も大量に分泌されるから。

その時間を活用せずに成長ホルモンの分泌量を増やそうと考えるのは大きな間違いですし、実際にその分泌量を増やすことは出来ません。

以前は睡眠のゴールデンタイム(22時〜2時)に熟睡していることで、最も大量に成長ホルモンを分泌できると考えられていました。

もちろんこの時間に熟睡していることは、睡眠時間の確保にも繋がりますし、より質の高い成長ホルモンを分泌できるという意味でも大切なこと。

しかし最近では、就寝後3時間が非常に大切で、このタイミングを睡眠のゴールデンタイムに合致させることが、最も効果的だと考えられています。

人間が一晩に何回もレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返し、その間に成長ホルモンを分泌するタイミングがありますので3時間なら、最初の2回(1回90分のサイクル)がすごく重要。

この2回で一晩に分泌される成長ホルモンのほとんどが分泌され、残りのサイクルではその分泌量がどんどん低下していくことに。

ちなみに熟睡するまでは30分ほどかかりますので、22時に熟睡しているのなら21時30分までには、布団やベッドに入りたいところ。

実際に必要になる睡眠時間から逆算して、何時に寝るのが良いのかをしっかり考えてあげてください。

小学生なら9時間前後、中学生でも8〜9時間ほどの睡眠時間を確保することが基本。

より質の高い睡眠にするためにも、昼間に運動したり、身体を動かしたりしていれば、あっという間に熟睡してしまいますので、寝付きが悪かったり、睡眠時間が短い場合には試してみてください。

そして就寝時は、部屋の電気を消して真っ暗で静かな部屋。できれば寝具も高反発マットレスのような理想の寝姿勢を再現できるものを選んであげると、睡眠の質が向上します。

就寝前に夜食を食べずに、血糖値を下げないと成長ホルモンは分泌されにくい

睡眠時に成長ホルモンが最も大量に分泌されることはわかっていますし、そのジャマをするようなことはできるだけしたくないですよね?

もしあなたやお子様が夜更かしをしがちで、夜食や食後にスナック菓子を食べるような食習慣を送っているのなら、それは今すぐに止めるべき。

血糖値が下がっている状態が成長ホルモンをしっかり分泌させるためには非常に大切で、夜食習慣があったり、睡眠2時間前以降も何かを食べていると血糖値が下がりません。

血糖値が高いというのは、食べ物だけの話ではなく、砂糖だらけの炭酸飲料を飲んでいることも同じ意味です。

空腹時に胃の粘膜からグレリンという物質が分泌され、それが脳下垂体に働きかけることで、成長ホルモンの分泌を促進する効果が。

逆に満腹で寝ると、グレリンが分泌されないだけではなく、睡眠の質を低下させる要因に。

特に食べ物が胃の中に残っていたり、腸で吸収しているような状態だと、身体は寝ていても意識が内臓に集中して、睡眠の質を低下させ成長ホルモンの分泌量や質にも影響します。

こういったデメリットがあることがわかっていますので、部活や塾などで晩御飯が遅い子供は、消化に良い雑炊や鍋料理などを食べるようにするとよいでしょう。

間違っても寝る直前に、揚げ物やお肉を食べて寝落ちするような食習慣で過ごさないようにしてくださいね。

タンパク質をしっかり摂取して成長ホルモンの原料を増やそう

成長ホルモンの分泌量や質を向上させる方法を実践しても、成長ホルモンの原材料が不足している状態では、成長ホルモンの分泌量を増やす事はできません。

だから成長ホルモンの原材料を普段の食事で、積極的に摂取することは非常に大切。

成長ホルモンの合成には、アルギニンが非常に重要な作用がありますので、アルギニンを普段の食事で摂取するようにしましょう。

アルギニンとはアミノ酸の一種で、アミノ酸はタンパク質を構成する要因。

タンパク質は骨の成長にも必要な栄養素なので、この両方をしっかり摂取しておくことは、成長ホルモンが分泌された後の骨の伸びにも良い影響を与えます。

ちなみにアルギニンを最も高含有しているのは、100gあたり7900mgもある豚ゼラチン(豚足)ですので、明日から豚足を食べましょうと言っても、子供は難しいでしょう。

他にも高野豆腐や湯葉などの大豆製品にも、アルギニンは豊富に含まれていますが、これも子供には馴染みのない食材。

豚ゼラチンではありませんが、豚の角煮などは比較的食べやすいですし、アルギニンもタンパク質も豊富に摂取できます。

基本的には、肉類や魚介類、大豆製品などをしっかり食べるようにすると、アルギニンやタンパク質をしっかり摂取することができますので、成長期の子供には大切なこと。

ただ脂肪分が多くカロリーの高い肉類ばかり食べているようでは、肥満体型やぽっちゃり体型の原因にもなりかねませんので、バランス良く摂取するようにしましょう。

運動は成長ホルモンを分泌する効果と身長の伸びに役立つ。

成長ホルモンが分泌されるタイミングは、就寝時だけでではなく、実は運動することでも成長ホルモンを少量ですが、分泌することができます。

ただ成長期に身長を伸ばすといういみでは、この少量の成長ホルモンでもしっかり積み重ねることで、成長ホルモン全体の分泌量を増やすべきですし、運動にはそれ以上の効果も。

まず運動を開始すると、15分後から徐々に分泌されはじめ、運動終了後3時間ほどは成長ホルモンの分泌が続きます。

そして運動による身長への効果は、これだけではなく、まずは運動をすることで骨に適度な刺激が入り、骨端線での細胞分裂や成長を促進。

その結果、同じ成長ホルモンの分泌量でも、より効率的に骨を伸ばすことができ、身長が高くなることに。

また運動をして疲労感を感じることは、寝付きを良くしたり、睡眠の質を向上させる効果も期待できますので、総合的にプラスに作用します。

運動と言っても激しい運動が必要なわけではありませんが、ウォーキング等の有酸素運動なら30分ほどは継続するようにしましょう。

できれば週に3回程度身体を動かしていれば、成長ホルモンの分泌量にも良い影響がでるはずですので、ぜひ実践していきましょう。

成長期という限られた時期までしか、子供の身長が伸びることはありませんので、しっかりと成長ホルモンの分泌に効果的な生活習慣を取り入れてみてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!