成長期の子供の身長が伸びる仕組みは、どのようなものなのか知っていますか。

身長を伸ばす方法を知らなければ、成長期といえども身長を効率的に伸ばすことができない可能性も。

将来的な低身長のリスクを回避するためにも、どのような仕組みで身長が伸びるのかをしっかり理解して活用していきましょう。

子供の身長が伸びるのは骨端線という軟骨細胞部分があるから。

成長期までの子供にしかないのが、骨端線と呼ばれる骨の両端部分にある軟骨細胞部分のこと。

この骨端線で細胞分裂が繰り返されることで、はじめて骨が成長して伸び、子供の身長を伸ばしてくれます。

だから成長期の子供の身長をしっかり伸ばしたいのであれば、骨端線での細胞分裂を活性化すること。

それを念頭において、少しでも身長が効率的に伸びる方法を実践すべきだということです。

そして最初に理解しておかなければならないことは、骨端線は年齢とともに徐々にその幅が狭くなり、いずれ閉鎖してしまうということ。

一般的に男子は17〜18歳、女子は15〜16歳頃までに骨端線の閉鎖が起こりますので、それまでの期間をどう過ごすのかが大切だと理解してください。

でも骨端線の軟骨細胞部分の細胞分裂を活性化して、身長を効率的に伸ばす方法にはどのようなものがあるのか、基本的な情報も踏まえて紹介。

骨端線の細胞分裂を活性化するのは成長ホルモンの分泌量と質

成長期の子供にとって、身長を伸ばすために最も大切なことは、少しでも質の高い成長ホルモンを大量に分泌すること。

成長ホルモンの分泌量が、成長期の身長の伸びを大きく左右しますし、その分泌量は生活習慣の影響を強く受けますので、少しでも良い生活習慣に改善することが必要です。

では実際にどうすればよいのか?

成長ホルモンの分泌量や質に影響するのは、主に睡眠習慣と運動習慣だと言われており、特にどのような睡眠習慣で過ごしているのかが大切。

以前は睡眠時間がながければ長いほど、大量の成長ホルモンを分泌できると考えられていましたが、最近は少し変わって最初の3時間が重要だと言われている状態。

なぜかといえば、そこでひと晩の成長ホルモンのほとんどが分泌されてしまうことが、科学的に証明されたから。

成長ホルモンが分泌されるタイミングは、1回90分の睡眠サイクルの中でもノンレム睡眠の最も深い部分で、後半部分に訪れるもの。

3時間なので、最初の2回の睡眠サイクルが非常に重要で、そこでどれだけ熟睡できるのかということで、ノンレム睡眠の質が変化し、成長ホルモンの分泌量に影響を与えます。

だからこそ、就寝前には副交感神経を優位な状態にして、脳の睡眠を妨げなことは基本。

さらに成長ホルモンの分泌量を増やすのが、定期的な運動習慣ですので、普段から身体を動かすようにしましょう。

運動時は睡眠時と比較するとかなり微量ですが、成長ホルモンが分泌されることがわかっていますので、微量ずつでも積み重ねておくことが大切です。

成長ホルモンの分泌量が少しでも増えることで、成長期の骨端線での細胞分裂が活性化されますので、しっかり意識してくださいね。

成長ホルモンの分泌に加えて、ソマトメジンCを作る肝臓が重要!

成長ホルモンが分泌されることで、骨の骨端線での細胞分裂が活性化されると考えている人が多いですが、実はもうワンクッションあるんです。

それが成長ホルモンの分泌をきっかけに行われる肝臓でのソマトメジンCの分泌。

だから直接成長ホルモンが骨端線に作用するのではなく、成長ホルモンの影響で肝臓で分泌されたソマトメジンCが骨端線に作用します。

ここも大事なポイントで、いくら大量に成長ホルモンが分泌されても、肝臓が疲弊している状態で、ソマトメジンCを分泌できなければ、骨端線の細胞分裂が活性化されません。

その結果、分泌された成長ホルモンをムダにして、身長を伸ばすことができない結果になりますので、しっかり考えておくことが大切。

子供なので大人のようにアルコールの過剰摂取で、肝臓が疲弊しているということはありませんが、バランスの悪い食事を食べていると肝臓が疲弊することがあります。

また過度なストレス状態に陥っている場合には、自律神経も乱れ、肝臓が疲弊する状態になりますので、その点も注意が必要。

普段から激しい運動を行っていると、運動による負荷で肝臓が貧血状態になり、その回復に時間がかかったり機能低下が起こります。

子供でも様々な原因で肝臓機能が低下することがありますので、腹八分や栄養バランスを考えた食事を普段から摂取することを意識しましょう。

肝臓が通常通り機能することが、ソマトメジンCの分泌に役立ち、骨端線での細胞分裂を活性化させますので、その点も意識して考えてください。

運動による刺激も骨端線を活性化させる方法のひとつ

運動することで、成長ホルモンが分泌されることをお話しましたが、実は運動による骨端線への効果はそれだけではありません。

適度な運動は骨の骨端線にとっては、成長を促してくれる非常に効果的な刺激で、特に縦方向の刺激が良いと言われている状況。

以前には縄跳びやジャンプなどが良いと噂されたことがありますが、それは間違った認識で同じ動きばかりだと骨端線にとっては良くない刺激。

骨端線に同じような刺激が入り続けると、骨端線がその刺激に慣れてしまって、刺激として感じなくなってしまうんです。

しかも縄跳びなどはほぼ一定のリズムなので、よりその刺激に慣れてしまい骨端線の活性化には役立たない状態に。

このことはボクサーのトレーニングに縄跳びが含まれていることからも、縄跳びでは身長が伸びないことがわかります。

ボクサーにとって身長が伸びることは、階級を上げなければならないことにつながりかねないので、もし縄跳びで身長が伸びるのなら、ボクサーのトレーニングからは排除されますよね。

実際に身長を伸ばす運動としては、ダッシュしたり、急に止まったりジャンプしたりと様々な動きを組み合わせたものが良いと言われていますので、参考にしてください。

骨端線で骨を伸ばす際に必要なタンパク質をしっかり摂取しよう

身長を伸ばしたいのなら、骨端線での細胞分裂を活性化して少しでも骨が伸びやすい状態にすることも大切ですが、骨を伸ばすための栄養摂取も非常に重要なこと。

多くの人が骨=カルシウムと考えがちですが、カルシウムは骨の強化に役立つ栄養成分で、骨を伸ばすにはタンパク質を摂取することが基本。

タンパク質を摂取することで、タンパク質を構成するアミノ酸を体内に吸収することができ、そのアミノ酸を原料に骨の骨格部分を形成するコラーゲンを合成できます。

コラーゲンがないと、骨を伸ばすことができませんので、普段の食事でしっかりタンパク質を摂取するようにしましょう。

カルシウムよりも先に、コラーゲンが必要になりますので、その点をしっかり意識してくださいね。

そして残念なことに、ここ20年で日本人のタンパク質摂取量が激減していますので、成長期の子供に必要な分を摂取するためには、よほど意識的に摂取する必要があります。

骨の骨格部分を形成するための栄養成分が不足した状態では、どれだけ細胞分裂を活性化させても、骨が伸びることはありませんので、その点を理解するようにしましょう。

基本的なことですが、本当に大切なことですので、普段の食事で良質なタンパク質をしっかり摂取することを意識して、成長期の身長の伸びを最大化してくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!