小学校5年生の時期になった時に、男子も女子も身長が伸びないと成長に関して少し問題があるかも。

最新版のデータからわかる小学生の身長の伸び方や、平均身長から考えるべき小学校5年生という時期について紹介。

まだまだ子供という印象のある小5ですが、身長を伸ばして将来的な低身長のリスクを回避するためには、重要な時期だったんです。

小5の身長の伸びが大事な理由を最新版の平均身長データで紹介。

小学5年生という小学校高学年の時期が、実は男子も女子も成長にとって非常に大切なタイミングだったということに気づいていますか。

なぜ小5が大事なのか、平成27年の学校保健統計調査の最新データを踏まえて紹介すると、男子も女子も最も身長が伸びる3年間にかかっているから。

平均身長が最も伸びる3年間は男子は小学5年生から中学1年生、女子は小学3年生から小学5年生のタイミング。

だからこの3年間でどこまでしっかり身長を伸ばすことができるのかということが、将来的な低身長のリスクを回避し、身長の伸びを最大化できるということ。

だからこそ小5の過ごし方が、身長にとって非常に大切だということを理解しつつ、実際にどのような生活習慣で過ごすことが、身長の伸びを最大化できるのかを考えていきましょう。

ただ小5の1年間だけしっかり過ごせば良いということではありませんので、その点はしっかり理解してくださいね。

小5でしっかり身長を伸ばすためにも知っておくべき基本情報とは?

小学5年生のタイミングでしっかり身長を伸ばすためにも、どのような仕組みで身長が伸びるのかは理解しておいた方が良いこと。

特に成長期の前半と成長期の前半では、役目が変わる作用もあるので、このあたりをしっかり分けて理解しておきましょう。

まず子供の身長が伸びるのは、骨の骨端線行われている細胞分裂が活性化され、骨を伸ばす力が骨を壊す力よりも勝った場合のみ。

だから骨を伸ばす意味でも、骨端線での細胞分裂を活性化する必要があります。

骨の骨端線での細胞分裂を活性化する最も効率的な方法は、成長ホルモンの分泌量と質を確保すること。

成長ホルモンの分泌をきっかけに、肝臓でソマトメジンCという物質が分泌され、それが骨端線の軟骨細胞に作用することで、細胞分裂が活性化され、骨が効率的に伸びていきます。

子供の成長にとって、骨端線+成長ホルモンは本当に基本的なことですが、ここに性ホルモンが加わることで、骨の成長に大きな変化が出ることに。

性ホルモンは成長期の前半では、成長ホルモンとともに骨端線での細胞分裂を活性化しますが、成長期の後半になると骨年齢を上昇させ、骨端線をどんどん閉鎖してしまいます。

骨端線が閉鎖するということは、子供の骨から大人の骨に完全に変わり、骨が自然に伸びることがなくなり、もう二度と身長を伸ばすことができなくなるということ。

骨端線の閉鎖=成長期や思春期の終わりですので、その後に身長を伸ばそうとどんな努力を行っても実際の効果を実感できないでしょう。

しかも骨端線の幅が狭くなることは、細胞分裂の勢いを抑制することですので、少しでも幅が広いタイミングで、骨端線の細胞分裂を活性化することが大切。

その分かれ目が、男子も女子も小学5年生の時期である可能性が高いということをしっかり理解しましょう。

小学校高学年での成長ホルモンの分泌量を最大化しよう。

子供の身長が伸びるのは、骨の骨端線に対して成長ホルモンが効果的に作用するから。

これは男子も女子も変わらないことですが、体内での分泌量や成長度合いが異なることで、女子の方が早く身長の伸びのピークを迎えます。

しかし成長期を通じて、成長ホルモンの分泌量をしっかりキープすることができれば、身長を伸ばすことができる可能性が高まりますので、そこは意識したいところ。

成長ホルモンを分泌するにはふたつの方法があり、睡眠の質を向上することと、運動を継続的に行うこと。

最も大量の成長ホルモンが分泌されるのは、睡眠直後の3時間なので、その時間の睡眠の質を向上させることが大切です。

睡眠の質を向上させるには、副交感神経を優位な状態にして、リラックス状態で寝ること。

逆に交感神経が優位な状態だと、睡眠中も脳が覚醒してしまい熟睡できずに、睡眠の質が悪化して成長ホルモンの分泌量が低下します。

また睡眠直前の食事も、睡眠中の意識が消化や吸収に傾いてしまうので、出来る限り3時間前までに済ませるようにしましょう。

運動を行うことでも、成長ホルモンが分泌されますが、その分泌量は睡眠時と比べるとかなり少ない量になります。

しかし成長期を通じて、定期的な運動習慣があれば、少量の成長ホルモンの分泌を積み重ねることで、成長ホルモンの総量を増やすことができますので、非常に大切なこと。

成長期の身長の伸びは、成長ホルモンの分泌量の強い影響を受けますので、どれだけ大量に分泌できるのかを意識して過ごすようにしましょう

小5女子で身長が平均よりも低いなら身長を伸ばす努力をしよう。

最初に説明したように女子の場合、小学3年生から小学5年生の3年間が最も身長が伸びる時期。

小5になった段階で、もしも周りの友達よりも身長が低く、小3や小4での身長の伸びも平均以下なら、少し危機感を持ったほうが良いかも。

晩成型であれば、小学校高学年や中学生で身長が伸びる可能性もありますが、最近の女子の傾向を見ていると、ほとんどの子供が小学5年生が身長の伸びのピーク。

だからこそ、小5になった段階の身長の高さや小6までの1年間でどこまで身長を伸ばすことができたのか?ということは非常に大切です。

その部分を意識していないと、あっという間に成長期が終わってしまい、身長を伸ばすことができなくなりますので、小5の段階で将来の身長が高いのか低いのかを判断しましょう。

この段階で身長が伸びていない女子に多いのは、栄養不足だと思います。

後ほど詳しく紹介しますが、成長に必要な栄養成分を普段の食事でしっかり摂取することができておらず、身長が伸び悩んでいる子供が多い傾向が。

特に女子の場合は、小学3年生という非常に小さな段階で、身長の伸びのピークが来ていますので、食事でどれだけ豊富な栄養成分を摂取できているのかは非常に大切なこと。

そのことを理解して、もしも平均身長よりも低い場合には、しっかりと食生活も見直してみてくださいね。

小5で初潮や生理が始まった女子は身長を伸ばす意識をしよう!

女子の場合、成長期のどのタイミングなのかを最も簡単にわかる方法は、初潮や生理が始まっているのかということ。

初潮や生理は、成長期でも後半部分に起こる身体の変化で、最近の子供でも12歳を過ぎてから起こるのが平均的な成長度合いです。

だから小5で初潮や生理が始まっているのなら、かなり早熟傾向が強いということを理解するとともに、残された時間が短いということも理解しましょう。

平均的に言われているのは、初潮や生理が始まると、そこから6cmほどしか身長が伸びないということ。

だから小5の身長+6cmでは、平均身長よりもかなり低いですよね?

実際の数値データで紹介すると、平成27年度の学校保健統計調査のデータで10歳女子の平均身長は140.1cmなので、6cm追加しても146.1cmと150cm未満の状態に。

これが小5で初潮や生理が始まった子供の年齢から推測される平均身長です。

150センチ以下というのは非常に小さいですので、日常生活にも様々な影響が出るでしょうし、あまりメリットがありませんよね。

もちろんその段階で、150センチや160センチになっていれば、平均身長まで伸びたり、それ以上に高身長になることも考えられます。

ただしっかり理解して欲しいのは、平均的なことをいえば、初潮や生理が始まると6cm程度しか伸びないということ。

その状態で低身長になってしまうのであれば、少しでもしっかりと身長を伸ばすことができるようにしておくべきだということです。

小5男子は急激に身長が伸びる人も増えるのでしっかり備えよう

男子の場合は小5をスタートに、そこから急激に身長が伸び始める人がほとんど。

平均身長の伸び方を見ていても年間6〜7cmほどは伸びるので、この間にどれだけ効率的に身長を伸ばすことができるのかは非常に大切なこと。

成長ホルモンの分泌量を意識した生活習慣も大切ですが、忘れがちなのが普段の食事でどれだけ成長に必要な栄養成分を摂取できているのかという点。

身長が伸びて身体が成長するということは、それだけ大量の栄養素が必要で、その栄養素が不足することで、身長をしっかり伸ばすことができない可能性が高まるということ。

特に骨を伸ばす際に、最も重要な栄養成分であるタンパク質の摂取量は意識したいところ。

タンパク質摂取量が不足すると、体内のアミノ酸のバランスが崩れ、骨を効率的に伸ばすことができなくなり、身長を伸ばすこともできなくなるでしょう。

それくらい成長にとって基本的な栄養成分ですので、良質なタンパク質を普段の食事でしっかり摂取することが大切。

タンパク質には、肉類や魚介類、乳製品や卵などの動物性タンパク質と大豆製品やナッツ類などの植物性タンパク質の両方がありますので、うまく組み合わせて摂取しましょう。

ただタンパク質だけでは成長できませんので、他の栄養成分も普段の食事でしっかり摂取することを意識することが大切ですので、その点は忘れないようにしてくださいね。

小5で身長が伸びない人は食事で摂取している栄養成分に問題があるかも。

小5の成長には、タンパク質を中心に様々な栄養成分を摂取することが推奨されていますが、そのタンパク質摂取量が激減している事実があります。

これは日本人全体に言えることですので、もしあなたが標準的な食生活を送っているのであれば、その影響を間違いなく受けて、身長が伸びない原因に。

最近の小学生の食事内容を見ていると、

  • レトルト食品
  • インスタント食品
  • 冷凍食品
  • ファーストフード
  • ジャンクフード
  • 炭酸飲料やスナック菓子

などなど、手軽に美味しいものを食べることができるので、普段の食事にもこういった商品が登場する回数が多い家庭も増えていますよね?

確かに簡単手軽で誰でも美味しい食事を食べることができますが、これらの食材の多くが調理の過程で様々な栄養成分を消失している状態。

だからこんな食品ばかりを普段から食べていると、脂質とカロリーは摂取できるものの、成長に必要な栄養成分が不足してしまうことに。

毎日お腹いっぱいのご飯を食べていたとしても、成長に必要な栄養成分がなければ、子供は身長を伸ばすこともできません。

そういった状況が日本中に蔓延しつつありますので、普段から食材を家庭で調理したり、手料理を子供に食べさせることも意識しましょう。

小5で身長を急激に伸ばすには身長サプリメントも活用しよう!

小5は男子も女子も骨端線の軟骨細胞の細胞分裂が活性化される時期ですので、このタイミングでしっかり身長を伸ばしておくことが大切。

骨端線が狭くなり閉鎖しかかったタイミングだと、どんなに身長を伸ばす努力を行っても骨が伸びにくくなっていますので、なかなか難しい状態です。

だからこそ、骨端線がしっかり残っており、軟骨細胞の細胞分裂も活性化している時期に、その効率を少しでも高めてあげることが効果的な方法のひとつ。

そこで実際に普段の生活に取り入れて欲しいのが、成長に必要な栄養成分を身長サプリメントを活用してしっかり補給するという考え方。

男子のところでも栄養面の話をしましたが、最近の小学生や中学生には、栄養不足で身長が伸び悩んでしまう子供も多いんです。

少し意外な話かもしれませんが、普段の食事で摂取している栄養素だけでは、成長に必要な栄養成分の全てを補うことができずに栄養不足になっていることも。

中学生になって成長期後半に、身長サプリメントを飲み始めたら止まった身長が、再び伸び始めたという子供もいますが、より早い段階で効率的に身長を伸ばし続ける方が成長できますよね?

そういった状況を踏まえて、栄養豊富な身長サプリメントを普段の食事に合わせて摂取するというのも、良いと思います。

その際に選ぶべきなのは、タンパク質を中心に様々な栄養成分をバランスよく摂取できるものですので、特定成分だけを摂取できるものや、変わった成分を含有しているものは避けましょう。

あくまでも身長サプリメントの役目は、普段の食事で摂取しきれない栄養成分を補うもの。

それ以上の効果を期待しても、あなたが考えるような効果を実感することはできませんので、その点は最初に理解しておいた方が良いと思います。

小5は男子にも女子にも非常に大切な時期ですので、この時期にしっかりと身長を伸ばせるような生活習慣で過ごすようにしてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!