睡眠時間の確保が子供の身長を伸ばす際に、一番重要だと言われていますが、本当のことなのでしょうか。

確かに幼少期からの睡眠習慣が重要で、規則正しい生活習慣で過ごすことが、子供の成長に役立つのは間違いないでしょう。

成長期や思春期の子供と、成長期前の子供では、睡眠時間が成長に与える理由が異なりますので、そのあたりの情報もまとめて紹介します。

睡眠時間の確保は、子供の健康や成長にとって非常に重要なこと。

子供も大人も含めた日本人全体に言えることですが、ここ最近特に慢性的な睡眠不足の状態が続いています。

最近話題のキーワードで言えば、睡眠負債。

この睡眠負債という言葉が示すように、多くの日本人が慢性的な睡眠不足の状態に陥り、健康や成長に悪影響を及ぼしています。

実際に世界的に行われた調査結果でも、日本人の子供は3歳児の段階から、慢性的な睡眠不足の状態が確認されている状態。

3歳児の段階で、最も睡眠時間の長かったニュージーランド人と比較すると、毎日100分も睡眠時間が短いことがわかっており、これが子供の成長にとって非常に悪影響を与えています。

幼少期から慢性的な睡眠不足の状態が続くことで、どのような悪影響が出るのかを徹底検証して、睡眠時間の確保の重要性を紹介しますので、しっかり読んで下さい。

日本人の子供が慢性的な睡眠不足なのは、親の生活習慣の影響

なぜ3歳児が毎日100分も睡眠時間が短いのか?これは日本独特の寝かしつけの影響と、親の生活習慣の影響の両方が悪い方向に作用しているから。

日本の子育てでは、親が本を読んだり、お話をして寝かしつけのが一般的ですが、海外ではどんなに小さな子供でも、1人で寝るのが一般的。

だから睡眠時間になれば1人で部屋に入り、自分の生活リズムで過ごすことになります。

しかし寝かしつけを行っている場合、親の帰宅時間が遅かったり、忙しくて寝かしつけが後回しになったタイミングでは、子供はずっと待ち続けることに。

最近は核家族化も進み、共働きやシングルマザーの家庭も増えていることもあり、夕食の時間からどんどん後ろにずれ込んでいます。

夜ご飯を食べるのが遅くなれば、当然のように寝る時間も遅くなりますし、朝起きる時間は決まっていますので、睡眠時間が削られていきますよね?

小さな子供だけではなく、小学生になってもそういった影響を受け続けますし、親も夜しか子供の相手ができないとすれば、お互いにどんどん寝不足の状態になってしまいがち。

そうやって日々の生活に追われているうちに、その生活習慣や睡眠習慣が普通になり、慢性的な睡眠不足がずっと続くことになります。

この繰り返しが現在の子供の慢性的な睡眠不足を持続させ、子供の成長に様々なデメリットを生じさせていますので、まずはそのことを認識することから始めましょう。

実際に睡眠が子供の成長にどのような影響を与えるのかをより詳しく説明していきますので、最後までしっかり読んで下さいね。

睡眠時間の違いが子供の早熟化を強めて思春期の到来を早める

最近、低身長の子供が増えている理由のひとつに、早熟傾向が強く思春期や成長期の到来が早まっていることがあります。

思春期や成長期が早く始まることは、それだけ早く終わることを意味しており、思春期や成長期が終わることは、自然に身長を伸ばすことができなくなるということ。

だからこそ、少しでも思春期や成長期の到来を遅くして、身長を伸ばすことができる期間を長くすることが必要なんです。

例えば、日本人と欧米人の平均身長の違いは、6〜7cmほどありますが、これはまさに思春期の到来時期の違い。

男子も女子も欧米人の思春期は、日本人よりも1年から1年半ほども遅いことがわかっていますので、その結果、最終身長に大きな違いが。

それと同じことが、早熟傾向が強い子供と普通の子供、晩成型の子供間で起こっていることで、日本人同士でも平均身長に大きな違いが出ているんです。

なぜ睡眠時間を確保することが、早熟傾向を弱めることができるのかといえば、それは睡眠ホルモンのメラトニンの作用。

メラトニンの分泌量が増えると、寝付きが良くなると言われていますが、身長に関していえば、メラトニンの持つもうひとつの作用が重要です。

実はメラトニンには、性ホルモンの分泌量を抑制する作用がありますので、その結果、思春期や成長期の到来を遅くすることができるというわけ。

逆にメラトニンの分泌量が少ない睡眠不足の子供は、どんどん性ホルモンが分泌されて早熟傾向が強まってしまいますので、幼少期からの積み重ねが大切だということです。

早熟は百害あって一利なしですので、少なくとも早熟傾向を強めないように睡眠時間をしっかり確保するようにしてくださいね。

睡眠の質が成長期の成長ホルモンの分泌量に影響し、身長の伸びが変わる

成長期や思春期の時期に身長をしっかり伸ばしたいと考えるのなら、どれだけ大量の成長ホルモンを分泌することができるのかということを考えることが大切。

成長ホルモンの分泌量やその質に大きな影響を与えるのが睡眠の質です。

以前は睡眠のゴールデンタイムとか、睡眠時間を少しでも長くすることが最も効果的な方法だと考えられていましたが、最新の研究では睡眠後3時間の質を高めることが大切だと判明。

1回90分の睡眠サイクルの最後のノンレム睡眠のタイミングでも、特に熟睡できている時間に成長ホルモンが分泌され、最初の3時間で2回あるタイミングでほとんどが分泌されます。

だからこの3時間でどれだけ熟睡できるのかが非常に重要で、その為にはしっかり準備して寝ることが必要だということ。

熟睡するために必要なことは、できるだけ昼間に体を動かして疲れさせておくことですが、就寝前の過ごし方も大切です。

明るい光を見たり、スマホやタブレットのブルーライト、イライラやストレス状態など交感神経が優位な状態だと、熟睡できずに睡眠の質が低下することがわかっています。

逆にぬるま湯に浸かったり、ストレッチをしたり、好きな音楽を聞いたりリラックス状態になると副交感神経が優位になり、熟睡できる状態に。

ちなみに寝る直前にものを食べてしまうと、睡眠時にも消化や吸収に意識が向かってしまいますので、成長ホルモンの分泌量が減少します。

就寝前の過ごし方ひとつで、ひと晩に分泌される成長ホルモンの量が変わり、悪習慣を繰り返すことで、全体量が減少してしまうこともありますので、身長を伸ばしたいのなら改善するようにしましょう。

身長を伸ばしたい子供にとって、睡眠は効果的な方法のひとつ

幼少期から睡眠習慣がどうなのかということの影響を受け、早熟傾向が強まったり、成長期の身長の伸びが大きく変わることがわかったと思います。

子供の睡眠習慣を決めるのは、幼少期から子育て方法次第。

成長期や思春期の到来を遅くできるように、幼少期では睡眠時間の確保を特に意識すること、成長期や思春期になったら、工夫をしてでも睡眠の質を向上させること。

睡眠習慣は短期的な改善で変化させるのは難しいので、やはり簡単なのは幼少期からしっかりとした睡眠習慣を身に着けさせることです。

身体を動かす運動習慣があれば、子供は自然と深い眠りにつきますし、睡眠時間を確保することも可能。

でも幼少期から運動習慣がなかったり、スマホやタブレットばかり見ていると、ブルーライトの影響で睡眠の質も向上しないでしょう。

そういったことはすでに科学的にもわかっていることですので、しっかり考えてあげるようにしてください。

子供の身長を伸ばすには、睡眠・運動・食事・ストレスという後天的な要素が、75%以上を占めていますので、それぞれをバランス良く実践して、少しでも身長が伸びやすい状態にしていきましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!