成長期の子供がストレス過多の状態が続くと、身長伸びないとか身長の伸びが阻害されると言われていますが、本当なのでしょうか。

ストレスと身長の関係性について、成長期の子供に実際にどのような影響が出るのかを徹底検証。

成長期の子供にとって、本当に大切な成長ホルモンと栄養面にとってストレスがデメリットになるのでしょうか。

成長期の子供が身長を伸ばす重要な要素とは?

成長期の子供が身長をしっかり伸ばしたいのなら、絶対に意識すべきことは、成長ホルモンの分泌量とその質、さらに食事での栄養摂取。

この2点は子供の身長を伸ばす際に非常に大切なことで、この部分をしっかり考えた生活習慣で過ごすことは大切です。

しかし最近の子供は小学生の頃から、成長ホルモンの分泌量を低下させる生活習慣で過ごしていたり、食事での栄養不足が問題になることも。

その結果、成長期に身長をしっかり伸ばすことが出来ずに、将来的な低身長のリスクを高めている状態

成長期が終わってしまえば、身長を伸ばすことができなくなるので、このタイミングで身長を伸ばすことは本当に大切なんです。

しかしその原因の根底に、実は日常生活で感じている様々なストレスがあるということに、気づいていない親御さんも多い状態。

実際にストレス過多の状態が続くと、子供の身長にどのような悪影響が出るのかについて、順を追って紹介したいと思います。

成長期は人間関係のストレスが急激に増える時期

成長期でも特に人間関係のストレスが増えるのは、中学生になったタイミング。

これは小学校にあがったばかりの1年生でも同様ですが、小1プロブレムや中1ギャップなど、環境が大きく変わることで、知らぬ間にストレスを感じてしまう状態に。

特に中1ギャップは、違う小学校出身者が増えたり、先輩後輩関係ができたり、イジメが激しいなどの特徴があるので、かなり人間関係に悩む子供が増えます。

しかもこの中1ギャップは、多くの保護者が気付かずにやり過ごしてしまうことが多く、新たな人間関係に悩んでいても、親がサポートしきれていないことが多い状態。

入学当初は問題なく過ごしていたのに、ゴールデンウィーク頃からストレスが表面化して、胃痛や遅刻が増えるなど、徐々に身体に影響が出始めます。

イジメのように目に見えるストレスであればわかりやすいですが、本人も自覚していないストレスを実感していることも多く、それが原因で様々な問題が起こることに。

本人が自覚していないストレスを親が気付くのは難しいかもしれませんが、特に環境が変わる時期ですので、そこはできるだけ子供の変化を見てあげるようにしましょう。

大人でも職場が変われば、新たな人間関係に悩むこともあるでしょうし、子供は大人以上にストレス耐性が低いので、ちょっとしたことでもストレス過多になってしまうことも。

そういった傾向があるということを、まずは知ってあげることや、理解することが大切です。

ストレスで身長が伸びないのは成長ホルモンに影響するから

成長期の子供がストレス過多の状態が続くと、一番問題になるのは成長ホルモンの分泌量が減少すること。

成長期の身長の伸びを大きく左右する成長ホルモンですが、ストレス過多の状態が続くとその分泌量を低下させる様々な問題が起こります。

ストレスを感じていることで、常に交感神経が優位な状態が続き、自律神経がバランスを取ることが難しくなり、それがきっかけで熟睡しにくい状態に。

成長ホルモンの分泌量を増やすためには、副交感神経を優位な状態にして、リラックスして過ごすことが大切ですが、交感神経が優位だと副交感神経が優位になることはありません。

だから毎日しっかり睡眠時間を確保していても、熟睡できずに成長ホルモンの分泌量が減少します。

成長ホルモンは、ノンレム睡眠の最も深い熟睡状態のタイミングで分泌されますので、熟睡できないということは、それだけ分泌量に悪影響が出るということ。

そんな日々が続いたらどうなるのか?

間違いなく身長を伸ばすために必要な成長ホルモンを分泌できずに、成長期の身長の伸びが鈍化することに。

子供の身長は成長期が終わるまでしか伸ばすことができませんので、その大切な時期を無駄にしてしまうことになるでしょう。

そういった状態を避けるために、ストレスを溜めすぎる前にしっかり発散してあげることが大切です。

成長期のストレス過多は栄養不足を引き起こす原因のひとつ

成長ホルモンの分泌量を減少させるだけではなく、ストレス過多の状態が続くと、栄養不足のきっかけになることも。

大人でもストレス性胃炎になったりしますよね?

ストレスを感じると、胃粘膜が荒れたり、胃痛になったり食事を受付けにくい状態になることもありますし、食事量が少なくなりがち。

成長期の子供が身長を伸ばすためには、1日3食をしっかり食べていても、成長に必要な栄養成分の全てを摂取するのが難しい状態なのに、それが食べられなくなったらどうなのか。

これも難しい話ではなく、成長に必要な栄養成分が不足するということ。

逆にストレスが原因で、ドカ食いしてしまったり、甘いスイーツばかり食べるようになったりすることもありますが、これも身長を伸ばす意味では逆効果。

ぽっちゃり体型や肥満体型は、早熟傾向を高め身長が伸びにくい状態にしてしまいますので、そこは避けるようにしましょう。

慢性的なストレス過多の状態は、純粋な栄養摂取量が減ったり、熟睡できないことで朝起きられずに、朝食を食べる時間がないという状態も考えられます。

朝食抜きは、成長期の子供の成長を阻害する要因のひとつ。

最初にも説明したように、成長期の子供の身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌量と食事での栄養摂取が基本。

ストレスを感じているとその両方に悪影響を及ぼしていましますので、それは改善しなければならない状態です。

ストレスと身長は密接な関係性があると理解しましょう。

ここまで説明すると、慢性的なストレス状態が成長期の子供の身長の伸びに重要な影響を与え、非常に密接に関係しているということがわかると思います。

実際に様々な研究でも、成長期のストレスは子供の成長や健康にデメリットしかないことがわかっていますので、過度なストレス状態が続くことは避けたいところ。

しかも急激なストレスを感じると、一時的に身長が縮むこともわかっています。

数ミリという範囲ですが、期末テストなどの期間に身長の伸びをチェックすると、実際に0.3mmとか0.5mmという範囲で身長が縮んでいる状態。

子供が成長する上で、全くストレスを感じずに過ごすことが難しい時代になっていますが、できるだけストレス過多になることは避けたいところ。

成長期の子供は自分でも気づかないストレスを感じていますので、家庭でさらに追い打ちをかけるような状態を作るのは止めましょう。

特に感情的に怒る両親がいる家庭の子供は、身長が伸び悩んだり、体重が増えなかったりする傾向もあります。

子供に対するしつけも大切ですが、感情を出すのではなく、理論的に伝えるということも意識してあげてください。

子供が相談しやすいような親子関係や家庭環境を作ってあげると、ストレスを解消する手助けもできますので、そういったことも意識してあげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!