10歳、11歳の年齢から本気で身長を伸ばす方法を実践しませんか?

 

子供の身長が伸びる時期を知ることで、

10歳と11歳という年齢がどれだけ成長に重要なタイミングなのかということがわかります。

 

将来的に低身長で悩まないためにも、

この年齢をどう過ごすのかが非常に大切ですし、身長を伸ばす方法を理解して実践してあげることが重要だという理由を紹介しますね。

10歳、11歳の年齢が子供の身長に重要な時期だと理解していますか?

10歳や11歳といえば、小学4年生や小学5年生の時期ですが、この時期が子供にとってどのようなタイミングなのか、明確に理解していますか?

 

子供には人生で2回だけ身長が急激に伸びる時期があり、ひとつは生後1年間で0歳から1歳になるまでのタイミング、そしてもうひとつが成長期前半の3年間。

 

ここ数年の子供の平均身長を見ていると、

男子は小学5年生から中学1年生、女子は小学3年生から小学5年生という時期がそのタイミングです。

 

身長が最も効率的に伸びる時期だからこそ、

この数年間をどう過ごすのかによって身長の伸びが変わり、最終的な身長の高さに大きな影響を与えてしまうということ。

 

そのことを理解しているお母さんは、

このタイミングを逃さずに、少しでも身長の伸びに良いことをしますが、その点に気づいていないと、手遅れに近い時期の女子中学生や男子高校生でどうにかしようと考えます。

 

でもここで考えて欲しいんです。

効率的に伸びる時期と、伸びが鈍化する時期のどちらの方が身長が伸びやすいのか?

 

同じ行動をとっても効率的に伸びる時期にしっかり伸ばしてあげる方が、どう考えても効率は良いですし、その後の鈍化する時期にも良い影響が残りますよね。

 

子供の身長を伸ばしたいのなら、

10歳、11歳の時期を逃さないことが重要だというのには、こういった明確な理由があったんです。

10歳、11歳の子供は良質なタンパク質を摂取させよう

子供の身長を少しでも伸ばしたいと考えるのなら、骨の原料になる栄養素を普段の食事でしっかり摂取させてあげることが大切。

 

骨の成長に必要な栄養素は、

タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKの6種類ですが、最初に必要になるのがタンパク質を構成するアミノ酸。

 

アミノ酸は単体で摂取するよりも、

タンパク質という形で摂取する方がバランス的にもよいことがわかっていますので、良質なタンパク質を意識しましょう。

 

タンパク質がなければ、骨の骨格部分を形成できずに、骨が伸びることはありませんので、カルシウムよりもタンパク質の方が重要です。

 

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質がありますが、これらも組み合わせて摂取しないと、生活習慣病のきっかけになる可能性も。

 

子供には鶏肉や魚介類などの動物性タンパク質と、納豆や豆腐などの大豆製品を中心とした植物性タンパク質を食べさせるようにしましょう。

 

朝食に納豆1パックや小魚を毎日食べるようにすると、タンパク質もカルシウム、ビタミン類やミネラル類なども摂取できますので非常におすすめです。

 

納豆や生卵という組み合わせも、

朝食の準備に時間がかかりませんし、栄養バランスや栄養面を考えても良い組み合わせでしょう。

10歳、11歳の子供は成長ホルモンの分泌量を意識しよう

成長ホルモンが成長期の身長の伸びに際して、非常に大きな影響を与えること走っていると思いますが、成長ホルモンっていつ分泌されるのか理解していますか?

 

睡眠のゴールデンタイムなんて言葉があったので、22時〜2時に寝るのが成長ホルモンの分泌量を最大化する方法だと誤解しているお母さんも多いでしょう。

 

まず成長ホルモンが分泌されるタイミングですが、

 

  • 朝食後
  • 昼食後
  • 夕食後
  • 運動時
  • 睡眠中

 

1日5回も分泌されるタイミングがあり、

この中でも最も大量に分泌されるのが、睡眠中に分泌される成長ホルモンです。

 

睡眠中の成長ホルモンは、

就寝直後の3時間で2回ある睡眠サイクルの最も深いタイミングで、ひと晩に分泌されるほとんどが分泌されてしまいます。

 

成長ホルモンの分泌量だけの話をすると、長時間寝る必要はなく、就寝直後の3時間でどれだけ質の高い睡眠をとることができるのかが重要。

 

疲労回復や新しい細胞の増殖や成長を考えると、十分な睡眠時間を確保する必要がありますし、ホルモンバランスや身体の仕組みを考えても睡眠時間を確保することは基本です。

 

成長ホルモンの分泌量を増やしつつ、

骨の成長を促進するためにも、睡眠時間の確保や規則正しい生活習慣で過ごすことを意識してあげましょう。

10歳、11歳の子供に身長サプリメントは必要なのか?

ここ数年、低身長や身長の伸び悩みに直面している子供が増えたこともあり、子供用の身長サプリメントが販売されています。

 

子供に身長サプリメントは必要なのか?

それとも不要なのかは見解が分かれるところですが、どんな商品を選んであげるのかということも非常に大切なこと。

 

身長サプリメントにも様々な商品があり、原材料の成分で最も多いのが砂糖だったり、炭水化物ばかりを摂取できるものなども多い傾向があります。

 

こんな商品を飲んでも、子供の身長を伸ばしたり、成長をサポートすることはないでしょう。

 

そういう身長サプリメントなら10歳や11歳の子供には不要ですが、普段の食事で摂取しきれない栄養素を補給できるような商品なら、飲ませる意味はあります。

 

私はそう考えていますし、

成長期の子供に必要な栄養素の全てを食事だけで摂取することは基本的に無理ですから、何かしらの方法で補う必要がありますよね。

 

その方法のひとつとして、

私は成長期の子供向けの身長サプリメントを使えると考えています。

 

様々な身長サプリメントがありますが、10歳、11歳の子供に飲ませるのなら、成長期の10代専用のカラダアルファが良いでしょう。

 

カラダアルファは実際に摂取できる栄養素の54.4%が植物性タンパク質なので、10歳、11歳の子供に不足しがちな栄養素の補給にピッタリ。

 

天然成分を主原料にしていることもあり、

栄養吸収率も高く、骨の成長に必要な栄養素をしっかり摂取できると話題の商品ですし、何よりも多くのお母さんが支持している商品。

 

我が家でも子供に飲ませていますが、本当に子供の栄養補給をしっかり考えているサプリメントだと思います。

10歳、11歳で考える子供の身長を伸ばす方法の記事まとめ

10歳、11歳という子供の身長が急激に伸びる時期をどう過ごすのか?

この記事を読むことで、

どれだけ大切なことなのかということがよくわかったと思いますし、最も簡単な対策は普段の食事+身長サプリメントの組み合わせ。

 

  • 10歳、11歳の年齢が子供の身長に重要な時期
  • 10歳、11歳の子供は良質なタンパク質を摂取させよう
  • 10歳、11歳の子供は成長ホルモンの分泌量を意識しよう
  • 10歳、11歳の子供に身長サプリメントは必要か

 

身長は最も伸びやすい時期に伸ばす。

これが将来的な低身長のリスクを回避する方法ですので、今回紹介した情報を踏まえてお子様にあったものを選んであげてください。

 

身長サプリメントも粗悪品が多いので、

カラダアルファ以外の商品を選ぶ際にも実際に摂取できる栄養素と原材料をしっかり確認して、お子様の成長を栄養面からサポートできるものを選んであげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!