ロート製薬の成長期応援飲料として大人気のセノビックですが、副作用が出る可能性が高いとの評判が。

子供の身長を伸ばす効果よりも、肝臓や腎臓に悪影響が出たり、痙攣や蕁麻疹が起こる可能性があるというのは本当でしょうか?

実際にセノビックのどのような成分が問題になるのか、子供に飲ませる際の注意点とは、気になるセノビックの情報をまとめて紹介します。

セノビックに副作用があるのかロート製薬に聞いてみたら?

セノビックといえば、ロート製薬の販売する成長期応援飲料ですでに1000万袋もの販売実績がある商品、もし副作用があるのならここまで売れていないのかもしれません。

でも実際に副作用の報告があるかどうかは、製造元のロート製薬さんに聞いてみるのが確実だと思い、公式サイトに書かれている電話番号に問い合わせてみたところ・・・

「セノビックに配合されているボーンペップは、卵の殻の成分を加工したものなので、卵アレルギーの人は、セノビックを飲まないう方が良いけど、それ以外に問題のある成分はない。」との回答。

確かに卵アレルギーがあるのなら、ボーンペップが配合されているセノビックは飲まないほうが良いでしょう。

でもセノビックの公式サイトに、小麦、落花生、えび、かにを含む製品を商品を製造している製造ラインでセノビックを作っているので、同様にアレルギーの可能性があるなら指摘して欲しい部分。

いずれにしても、アレルギーを発症性があるということは、蕁麻疹やかゆみが出る可能性があるということ。

その点はセノビックの購入前に、しっかりと認識して置いた方がよい情報だと思います。

セノビックは肝臓や腎臓に副作用が出る可能性があるのか?

蕁麻疹やかゆみなどのアレルギー症状よりも気になるのが、セノビックを飲むことで肝臓や腎臓に悪影響が出て、健康に問題が起こる可能性があるという噂がある部分。

これは実際にどのような成分を摂取することで、起こるのかということを調べてみたところ、栄養機能食品のセノビックだから、起こる可能性があるということのようです。

ご存知のようにセノビックは、カルシウム・鉄分・ビタミンDの栄養機能食品。

その中で特に問題になるのが、カルシウムとビタミンDの過剰摂取による副作用が少し重篤なものが多いという点。

カルシウムと言えば、骨の強化に役立つ栄養素で、幼少期のカルシウム摂取量が将来的な骨粗しょう症のリスクを回避するので、できるだけ大量に摂取することが必要だと思いがち。

しかしカルシウムの過剰摂取は、高カルシウム血症を引き起こし、血管や腎臓にカルシウムが沈殿することで、様々な健康上の問題に。

ビタミンDは腸からのカルシウムの吸収率を高めて、血中カルシウム濃度を上昇させ、骨へのカルシウムをしっかり届けるために必要な栄養素。

ビタミンDの過剰摂取は、腎機能障害のきっかけになったり、吐き気や下痢などを伴うカルシウム血症を引き起こす可能性もある成分。

栄養機能食品として、セノビックに含まれているカルシウムやビタミンDの含有量はそこまで多くないものの、過剰摂取が続くと重篤な副作用を引き起こす可能性が高いということは理解しておきましょう。

セノビックの原材料から考えられる副作用のリスクとは?

過剰摂取が続かなければ、そこまで重篤な副作用を引き起こすことがないと考えられているセノビックですが、原材料にどんな成分が使用されているのかも気になります。

そこで実際にセノビックのミルクココア味に使われている原材料の情報から、実際に起こり得る副作用がないのかを徹底検証。

セノビックのミルクココア味の原材料は・・・

グラニュー糖、ココアパウダー(ココアバター10~12%)、麦芽糖、乳糖、ミルクペプチド、卵黄ペプチド、植物油脂、卵殻カルシウム、香料、ビタミンC、ビタミンE、ピロリン酸鉄、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2。

知らない方もいらっしゃるかもしれませんので、少し日本の法律について紹介すると・・・

原材料の項目は、含有量の多い順に記載しなければならない。という決まりごとがありますので、それを元にセノビックの効果を考えることが出来ます。

実際に一番多いのはグラニュー糖、次に多いのがココアパウダーという順番ですので、最も多い原材料の上位ふたつが、セノビックの味付けに関するものだということが推測できます。

これはミルクココア味以外のセノビックも同様で、基本的には小さな子供でも飲めるように、味付けに関する成分を大量に含有している状況が。

それを裏付けるのが、実際にセノビックで摂取できる栄養成分表。

なんと摂取できる栄養素の85%が炭水化物。

どれだけ大量のグラニュー糖やココアパウダーが使用されているのか?この割当を見るだけでも本当に驚きます。

これではセノビックで身長が伸びず、副作用で子供が太ってしまうのではないかという不安も生まれてしまいますよね。

ただカロリー自体はそこまで多くないので、規定量を守って過剰摂取しなければ、運動をしている子供であれば問題がないレベルでしょう。

ただ運動もせずにセノビックを水のように1日何杯も飲めば、明らかに太ってしまうことはわかります。

やはりセノビックの過剰摂取には注意する必要がありますので、規定量をしっかり守るようにしましょう。

セノビックは副作用ではなく、身長を伸ばす効果がない成長期応援飲料だった

先ほど紹介したセノビックで実際に摂取できる栄養成分表をもう一度見てください。

そこに書かれている栄養素ですが、カルシウムやビタミンDなど骨の強化に役立つ栄養素は栄養機能食品として、必要になる含有量で配合されています。

しかし、子供の身長を伸ばす際に最も重要であるタンパク質が、セノビックではほとんど摂取出来ないことが分かります。

成長期の子供が身長を伸ばすには、タンパク質を中心とした様々な栄養成分が必要であり、その摂取量が少なければ、身長を効率的に伸ばすことはできません。

1杯のセノビックで摂取できるタンパク質は僅か1.5g。

成長期の子供のタンパク質の推奨摂取量は、50〜60gですので、どれだけ少量のタンパク質しか摂取出来ないことがわかりますよね?

これが実際にセノビックの身長を伸ばす効果がないという理由のひとつ。

セノビックには、ボーンペップも配合されていますが、ボーンペップは人間への効果が確認されていない成分で、現時点ではマウスに対する効果のみ。

しかもマウスの体重1kgに対して、100mgを投与することで効果を確認でき、投与量が増えることで効果が高まることがわかっている成分です。

言い換えると摂取量が十分でなければ、ボーンペップは効果を発揮しにくいということ。

セノビックで摂取できるボーンペップは僅か100mgですので、これでは1kgの体重分しかありません。

人間に対する効果も確認されておらず、効果を発揮するのに必要な摂取量も配合されていない状態では、セノビックのボーンペップに期待することが出来ないというのも納得できます。

これが多くの小さな子供を持つお母さんが、こぞって買い求めているセノビックの真実の姿。

副作用がある以前に、子供の成長を促進する栄養素を摂取できない、非常に残念な成長期応援飲料だということがわかったと思います。

実際にどのような効果があるのかは、実際に摂取できる栄養成分をチェックすればわかるもの。

本当に効果的な身長サプリメントもありますので、評判や評価、口コミやレビューに振り回されずに、真実の姿を見てちゃんと判断してくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で子供のサプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんや出演者の前に、様々な子供用サプリメントが登場。

身長サプリメントの気になる情報や子供を取り巻く環境、カラダアルファを実際に子供に飲ませているお母さんのインタビューも放送されています。

【追記】→所さん大変ですよの放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要なのか?子供の身長を伸ばす方法を徹底解説


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!